「渡邉哲」 一覧

評価が出来ない→治療が出来ないは、間違い。

まずは、きちんと評価することが大事。 こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。   先日、7月17日は、理学療法の日でしたね。 つまりは、作業療法の日でもあるのかな??? と、この時期は、 学生 ...

健康経営って、病院にこそ適応させるべき。

「デスクワークで出来る、肩コリ対策」 こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 先日、7月3日に福島県にあります、 税理士法人ケーエフエス様にて、 1時間ほど講演をさせていただきました。   参 ...

患者さんに「力抜いていいですよー」って言ってもうまくいかない方へ。

「力抜いていいですよー。」 って、リハビリ中に患者さんや利用者さんに、 声掛けしたことは、ありますか?   膝OAの人の方の術後のリハとか、 どうでしょうか。   個人的な予想です ...

学んだテクニックをどのように使っていいか分からない方へ。

突然ですが、みなさん、 今まで学んだテクニック十分に使いこなせていますか?   ボク個人の経験ですが、 土日にセミナーに行った翌々日の火曜日くらいまでは、 学んだテクニックやアプローチを多用 ...

リハビリ介入初期に行うべきこと。身体機能面。

2017/06/22   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。   今回のお話は、 急性期リハ以外でのフィールドであれば、 どの分野にも共通していえることと思います。   新人さんももうそろそろ1人立ちして ...

他職種連携を円滑に行う為の前提。その1。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 病院や施設で勤務していると、 100%と言っていいほど、 セラピストオンリーで患者さんや利用者さんに、 関わることはないかと思います。   もちろん、 ...

これ(治療効果)って、どのぐらい持続しますか??

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。   突然ですが、みなさん。   患者さんや利用者さんとの、 リハビリが終わった後に、 こんなこと言われたことありませんか? 「これって、またすぐに戻っち ...

ローテーターカフよりも、重要な筋とは??

2017/06/01   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。   突然ですが、みなさん。   「ローテーターカフ」は、ご存知でしょうか? おそらく一度は、 聞いたことあるかと思います。   解剖 ...

下肢へのアプローチで、動作もADLも変わる。

2017/05/25   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 先週から、 東北はIAIR認定ライセンスコースがスタートしました。   東北は、下肢セミナーからになります。   今回もOTさんが、多く参加さ ...

問題点を、”随意性の低下”と多用している方へ。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。   脳血管疾患の回復期リハ病棟での記憶ですが、 この時期5月中旬〜6月中旬は、 気持ち的に焦っていたと思います。。。   なぜか? &nbsp ...

これが出来ないと、後輩指導で痛い目をみる。

2017/05/04   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 世間は大型連休。いかがお過ごしでしょうか? 5月になり、新人さんは少し緊張がほぐれて来ているかも。 先輩になった人は、指導しないとと頑張っているかと思います。 & ...

患者さんにリハビリに対して希望をもってもらうには?

2017/04/27   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 もうあっという間に、5月を迎えますね^^ 新緑の時期は、とても気持ちがいいものです。 先週のコラムでは、 「トップダウン評価が苦手な2つの理由」 ということをお伝 ...

トップダウン評価が苦手な2つの理由。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 新年度始まってみて、 新人さんや後輩に指導する機会が、 増えたりはしていませんか??   その中で、 「動作分析が苦手なんです…。」 という声を聴いたこ ...

自分なりの武器が欲しい!と、もがいた新人時代。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 新年度、始まっていかがお過ごしでしょうか? 新人さんなども全体研修なども終え、 そろそろ担当部署に配属になっている頃かと思います。 見学に付いてきてくれるとか、 ...

疲労を回復させるために、効果的な2つのこと。

【疲労を回復させるために、効果的な2つのこと。】 渡邉哲による記事がブログにアップされました: →http://iairtohoku.jp/tetsu281006 こんにちは。 いつもコラムをお読み頂 ...

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.