「渡邉哲」 一覧

下肢へのアプローチで、動作もADLも変わる。

2017/05/25   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 先週から、 東北はIAIR認定ライセンスコースがスタートしました。   東北は、下肢セミナーからになります。   今回もOTさんが、多く参加さ ...

問題点を、”随意性の低下”と多用している方へ。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。   脳血管疾患の回復期リハ病棟での記憶ですが、 この時期5月中旬〜6月中旬は、 気持ち的に焦っていたと思います。。。   なぜか? &nbsp ...

これが出来ないと、後輩指導で痛い目をみる。

2017/05/04   -未分類, 渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 世間は大型連休。いかがお過ごしでしょうか? 5月になり、新人さんは少し緊張がほぐれて来ているかも。 先輩になった人は、指導しないとと頑張っているかと思います。 & ...

患者さんにリハビリに対して希望をもってもらうには?

2017/04/27   -渡邉哲

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 もうあっという間に、5月を迎えますね^^ 新緑の時期は、とても気持ちがいいものです。 先週のコラムでは、 「トップダウン評価が苦手な2つの理由」 ということをお伝 ...

トップダウン評価が苦手な2つの理由。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 新年度始まってみて、 新人さんや後輩に指導する機会が、 増えたりはしていませんか??   その中で、 「動作分析が苦手なんです…。」 という声を聴いたこ ...

自分なりの武器が欲しい!と、もがいた新人時代。

こんにちは。 IAIRの渡邉哲です。 新年度、始まっていかがお過ごしでしょうか? 新人さんなども全体研修なども終え、 そろそろ担当部署に配属になっている頃かと思います。 見学に付いてきてくれるとか、 ...

疲労を回復させるために、効果的な2つのこと。

【疲労を回復させるために、効果的な2つのこと。】 渡邉哲による記事がブログにアップされました: →http://iairtohoku.jp/tetsu281006 こんにちは。 いつもコラムをお読み頂 ...

肩関節と股関節は対角を意識して評価、治療する。

こんにちは。 いつもコラムをお読み頂きありがとうございます。 東北の渡邉哲です。 先週のコラム。 シンプルに股関節の可動域制限を改善する。 は、こちらです。 股関節の調子は、順調です。 ストレッチも気 ...

シンプルに股関節の可動域制限を改善。

こんにちは。 いつもコラムをお読み頂きありがとうございます。 東北の渡邉哲です。 わたくしごとですが、 最近、ずっと股関節が痛かったんですね。 特に、 左の股関節全体が詰まっているいるような感覚が強く ...

伝えることで、自分自身や患者さんが見えてくる。

こんにちは。 いつもコラムをお読み頂きありがとうございます。 東北の渡邉哲です。 今回のコラムで、おそらく190回になります。 1ヶ月に4回配信で計算すると、47週なのでもう少しで、 4年ってことにな ...

テクニックを学ぶセミナーで、失敗を恐れない。

こんにちは! IAIR東北代表の渡邉哲です。 毎週全国各地で、 IAIRのセミナーは開催されています。 先週末も東北(仙台)で開催でした。 今年度のBクラスライセンスコースが始まって、 あっという間に ...

リハビリはhelp?assist?この違いは?

こんにちは! IAIR東北代表の渡邉哲です。 先日、未来患者学サミット〜選択が医療を助ける〜 に参加してきました。 患者さん自身も、医療(治療)に関して学び、 様々な選択肢のなかから、 自分で選んで、 ...

患者さん自身も受け身であると、何も変わらない。

こんにちは! IAIR東北代表の渡邉哲です。 本日! こちらのイベントにIAIRとして、 参加しております。 未来患者学サミット ~選択が医療に希望をもたらす~ 正直、タイトルだけ見たら、 ピンと来な ...

日本最大の"癒しフェア"から学べたこと。

こんにちは! IAIR東北代表の渡邉哲です。 コラムをお読み頂きありがとうございます。   先週末、 東京ビックサイトで開催された、 ”癒しフェア”というものに、参加してきました。 (詳細→ ...

患者さんに言われた、キツイ一言。

こんにちは! IAIR東北代表の渡邉哲です。 コラムをお読み頂きありがとうございます。 2年目のおそらく今頃。 当時は、PTとして、回復期リハ病棟勤務。 夏の暑い日のベッドサイドでのリハビリを行ってい ...

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.