「週刊 福田陽介」 一覧

No172 炎症が起きてる。消炎鎮痛剤は必須か???

ここしばらく、痛みのことばかり考えています。 17年も理学療法士をしていると、「痛み止め飲んでるけど、治らない」というセリフを何回も聞くことがあります。 痛みを抱えた人は、飲み薬に期待をかける傾向にあ ...

No 171 慢性疼痛になってからでは大変。その前にできることは・・・

ここ何回か「痛み」のことを考えているのですけど、あんまり興味がないですかね〜   こういうのスルーして、リハビリテーションを考えるのも難しいかな、と思うんです。 担当する患者さんの多くは、何 ...

no image

未来の診察室を見て思ったこと。

2017/02/28   -週刊 福田陽介

http://jp.techcrunch.com/2017/02/27/20170226inside-forward-ex-googler-adrian-aouns-idea-for-the-doct ...

No170 慢性疼痛の特徴を知ってさらに悩む

前回、疼痛を3種類に分類しました。 患者さんが訴える痛みの種類について整理する   今回も痛みについて踏み込んでみます。   慢性疼痛の一般的な特徴 「時間が経っていれば慢性疼痛」 ...

患者さんが訴える痛みの種類について整理する

こんにちは。福田です。 膝の痛みについて、考えていました。 No 168 膝蓋上嚢の肥厚と膝の痛み No 168 膝蓋上嚢の肥厚と膝の痛み でも、痛いのって膝だけじゃないですよね。 患者さんはいろんな ...

No 168 膝蓋上嚢の肥厚と膝の痛み

前回、膝の痛みのことを考えていたら、膝の痛みがどうにも気になりまして。 No 167 OAの膝の痛みを考える No 167 OAの膝の痛みを考える   炎症性の痛みであれば、消炎鎮痛剤が効果 ...

No 167 OAの膝の痛みを考える

2017/02/07   -週刊 福田陽介

No 167 OAの膝の痛みを考える 整形外科がある病院や、クリニックに勤務している療法士なら一度は「変形性膝関節症」に対してのリハビリオーダーを受けたことがあると思います。   保存的に治 ...

No 166 作業療法士活躍中!

作業療法×IAIR 国際統合リハビリテーション協会(IAIR)と【作業療法】との接点を認識できています。 昨年のIAIR学術大会で「山根先生」に講演していただきました。 昨年のIAIR学術大会で「日本 ...

No165 仕事の未来を考えるために皆保険制度の情報に触れる

2017/01/24   -週刊 福田陽介

No165 仕事の未来を考えるために皆保険制度の情報に触れる 2016年に診療報酬改定がありました。 改定によって、何がどうなったかのデータ集めは続いていることでしょう。 事業所単位で見ても、改定によ ...

No164 経験年数別 勉強テーマ

2017/01/16   -週刊 福田陽介

No164 経験年数別 勉強テーマ 実際にお会いしたり、インターネットを眺めていると、リハビリ業界には勉強熱心な人が多いです。 とても刺激を受けますし、僕も勉強しなきゃなぁ、と戒めております。 &nb ...

No163 PNFのいいところ

2017/01/09   -週刊 福田陽介

いろんな団体の研修会でリハビリテーションを行う上での様々な手技を見聞きしたことがあると思います。 元々、リハビリテーションという概念自体が輸入物であることからも、広く流通している手技というのは、海外で ...

No162 「結果を出す」という呪い

2017/01/02   -週刊 福田陽介

No162 「結果を出す」という呪い   「結果を出す」というフレーズについて、臨床で日々リハビリテーションに取り組んでいる療法士の人はどう感じているのでしょう?   誰でも一度は ...

リハビリが在宅へシフトしていくだろうことをデータで読み取る

2016/12/27   -週刊 福田陽介

今後、医療や介護分野におけるリハビリテーションは 「在宅」 にシフトしていくことになることが予想されます。 このようなニュースを見たことがありますでしょうか? 「介護老健施設を病院に次ぐ主力事業とし、 ...

No161 「個を高めよ」という本田圭佑さんの意見はリハビリ業界でもおんなじだ

2016/12/26   -週刊 福田陽介

No161 「個を高めよ」という本田圭佑さんの意見はリハビリ業界でもおんなじだ ワタクシ福田陽介は、世の中の色々なことをサッカーから学んでいます。 サッカーの見方も様々ですけど、大きく分けて「各国リー ...

No160 リハビリの臨床で結果が出せるようになる勉強法

2016/12/20   -週刊 福田陽介

No160 リハビリの臨床で結果が出せるようになる勉強法 今日は勉強の方法についての話。   「臨床で結果が出せる〜〜〜」 というキャッチフレーズは、未だに目を引くのかな?   「 ...

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.