渡邉哲

【なぜ、秋になると呼吸器疾患が増えるのか?】

投稿日:

【なぜ、秋になると呼吸器疾患が増えるのか?】

IAIR東北の渡邉哲です。

本日もコラムをお読み頂き、

ありがとうございます!!!!

 

昨日あたりからぐっと、寒さが増してきましたね。

体調崩されている方、いらっしゃいませんね??

体温かくして乗り切って行きましょう!!!!

 

秋ですね。

 

秋と言えば…、

・読書の秋

・食欲の秋

・スポーツの秋

など、みなさんそれぞれ、いろんな秋を見つけますね笑

 

さてさて、秋になると

増えてくるのが、そう。

 

【呼吸器疾患】です。

 

治療院に来られる方も、

大体三分の一くらいの方が、コンコンと咳をされています。

 

患者さんはどうですか??

なぜ、秋になると呼吸器疾患の方が増えるのでしょうか??

それは東洋医学では、

季節ごとに対応している、関係の深い臓器があるという考えがあります。

 

春→肝臓

夏→心臓

秋→肺

冬→腎臓

季節の変わり目(土用)→胃や腸

人の体も自然と同様に考えられるものなので、

季節によって、体調というのも変化して当たり前です。

それで、

秋に変化が出やすいのが「肺」と言われています。

肺だけでなく、

鼻や喉など呼吸器官系すべてに、

変化が出やすい時期とされています。

肺の調整には、

良いポイントが1つあります。

 

===============================

 

上肢の調整をしっかりやることですね!!

 

================================

 

上肢をしっかり調整するかどうかで、

肺への働きが全く変わってきます。

肺のツボの多くは、上肢の肩から親指にかけて並んでいます。

手のひらを前に向けた時に、上肢の外側を走ります。

ここを撫でてあげるだけでも、

呼吸が明らかに楽になる事を実感できると思います。

まずは、試してもらえればと思います。

 

呼吸器疾患の患者さんで、

胸郭などが触れなくても、

上肢の調整などで出来る事はまだまだたくさんありますよ。

諦めずに続けてみてください^-^

今回みたいな話も患者さんとのコミュニケーションや治療場面、

自分自身の身体,生活などを見直すきっかけに

生かして頂ければ幸いです^^

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

IAIR 東北支部長 認定アドバンスインストラクター

 

      慢性疾患専門整体院 まごころ 渡邉 哲

取り上げてほしいテーマなどあれば教えて頂ければと思います^^

→https://ssl.form-mailer.jp/fms/180e0b57265187

さらに詳しく知りたい!!など、ご意見ご感想はこちらまで

magokoro3939@gmail.com

 

慢性疾患専門整体院 まごころ

ホームページ:http://magokoro3939.jimdo.com/

 

ブログ:http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.