吉田ひとみ

産道

投稿日:

産道

Vol.45

 

すべて写真付きで読む

ブログ→http://ameblo.jp/ayn-hitomi/entry-11923295511.html

 

こんにちは、吉田ひとみです。

 

前回の続きは次回にまわすとして、少し女性の骨盤を、主に産道の説明を通して見てみたいと思います。

 

(図で確認した方が100倍わかりやすいと思います)

 

産道は円筒状で、前方に屈曲した形をしており、骨産道(外側)と軟産道(内側)の2つの要素に分けられます。

骨盤は、骨盤分解線に良い、大骨盤と小骨盤に分けられ、骨産道とは、この小骨盤が囲む内腔のことを表します。

 

骨産道は、骨盤(寛骨・仙骨・尾骨)により構成されます。

 

骨盤誘導線とは、骨産道の各部の前後径の中点を結んでできる曲線で、胎児はこの骨盤誘導線にそって進んでいきます。骨盤入口部の前後径を真結合線といい(解剖学的新結合線と産科的真結合線がある)、これらが短いと胎児は産道を通れません。

女性型を産婦人科では「安産型」といいます。男性型や扁平型や類人猿型は、赤ちゃんが上手く入れずに難産になる可能性があります。

 

骨産道は骨盤入口部、骨盤濶部、骨盤峽部、骨盤出口部の4つに分けられます。骨盤入口部に限らず、骨産道のどこかが狭かったり、形に異常があったりすると、胎児を娩出しにくくなります。しかも、骨産道の径は胎児の頭に比べ広い訳ではなく、入口部では横長、峽部では縦長といったように径の長い方向も変化しています。

 

骨盤のわずかな歪みが、出産に良くない影響を与えている可能性がありますね。

 

次々回は、分娩時の骨盤の可動性についてです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

■(認)筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療

日程:11月23日(日) 9:30〜16:30

会場:ドーンセンター 特別会議室  http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

申し込みフォーム https://business.form-mailer.jp/fms/24708d1f35425

 

国際統合リハビリテーション協会 関西支部長

作業療法士   吉田ひとみ

ブログ:http://ameblo.jp/ayn-hitomi/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-吉田ひとみ

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.