渡邉哲

「この時期、咳や鼻水などの症状が出やすい理由。」

投稿日:

 

 

 

こんにちは!!

IAIR東北代表、慢性疾患専門整体院まごころの渡邉哲です。

 

今日は、冷えとりランチ会というイベントを開催してきました^^

今回で7回目になります♪続けるって大事ですね!

地元のレストランで、

地元の食材をベースに季節のお料理を食べてきました^^

参加者は8名。

 

感想の1つなんですが、

一般の方もよーく勉強している!!と、

こちらもビックリするくらいの知識を持ったママさんも居ます。

 

改めて、

僕らはもっと情報発信していかなければ!!

という思いにもさせてもらっています。

では、本日の、

【東洋医学コラム】

「この時期、咳や鼻水などの症状が出やすい理由。」

 

というテーマでいきます。

 

どうでしょうか??

咳や鼻水など、いわゆる呼吸器系の症状なにか出ていませんか??

 

今現在僕自身が、

喉の痛みや痰がらんだ咳などが出やすいです><

夏が終わって、この季節の変わり目

そんな呼吸器症状が出やすいなんてことはないですか??

安心してください。

 

それは、「体にとっては正しい、自然に則した反応です。

 

東洋医学の世界では、

五行論(自然のものを5つに分類する考え)では、

季節も5つに分けて考えます。

春・夏・秋・冬・土用(季節の変わり目、1年に4回ある)

 

の5つです。

それぞれ季節と内臓との関係が深くあると考えられています。

 

その中で、今現在は「秋」ですね。

ここまでは良いですか??

ここにプラスしてですが、

臓器も5つに分けて考えられます。

肝(臓)・心(臓)・脾(臓)・肺(臓)・腎(臓)

の5つです。

その中で、この秋と関係の深い臓器は

 

「肺(臓)」

 

とされています。

五行論のつながりからすると、

 

肺の働きを助けてくれるのは、脾臓(胃腸系)です。

 

ですが、夏の間に冷たいものや刺激物などを結構多く摂ったりした方は、

この秋の変わる時期に、肺の働きを助ける事が出来なくなります。

肺自身が自分を守ろうとして、

咳や鼻水など呼吸器系の症状というサインを出してくれます。

食べ過ぎると、鼻水でちゃうなんて人もいるでしょう。笑。

やはり、夏のツケが秋には回って来てしまいます…。(反省)

原因が分かっていると、

対応は出来ますからそんなに心配しないで大丈夫ですよ。

体としては、

上肢の緊張が無くなるように、

肩周辺と、親指周辺をしっかりセルフマッサージします。

患者さんで悩む方がいれば、ぜひ対応してみてください。

どの形であれ、

上肢の動きが良くなるといろんな反応がでてきます^^。

一旦は、咳などをする事が増えますが、

ある程度できってしまえば、あとは落ち着きますのでご安心ください。

この時期は、

咳や鼻水など呼吸器系の症状が出やすいのは、

夏の生活で胃腸に負担をかけていた可能性が高いです!

また次の機会まで胸にしまっておきましょう^^

自分の体は自分で守る!

 

そんな人が増えることを目標にしています。

 

今回みたいな話も患者さんとのコミュニケーションや治療場面、

自分自身の身体,生活などを見直すきっかけに

生かして頂ければ幸いです^^

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

IAIR 東北支部長 認定アドバンスインストラクター

 

慢性疾患専門整体院 まごころ 渡邉 哲

 

さらに詳しく知りたい!!など、ご意見ご感想はこちらまで

magokoro3939@gmail.com

 

慢性疾患専門整体院 まごころ

ホームページ:http://magokoro3939.jimdo.com/

 

ブログ:http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 

どうぞご活用ください^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.