未分類

「日本経済破綻!破綻!破綻!まぢ?? ③」

投稿日:

どもども、仲村ケイです。
先日、出張から帰宅して食した嫁さんの味噌汁があまりにも美味くて、
「一生一緒にいてくれ!」
と、二度目のプロポーズをしてしまいました(笑)
まあ、少し冗談混じりですが、ほぼ本気です。
うちの奥さんの料理がなかったらボクのQOL(人生の質)は確実に下がるでしょう!
と、いうところでー!!本題です!
前々回から〝日本経済破綻説〟について書かせてもらっています。
「日本は借金大国」
「国の借金1024兆円」
「国民一人あたり800万円の借金」
これは真実か否かについて説明を終えました。
こちらを参照
「ギリシャはたった38兆円で破綻した。次は日本だ!!!」
こちらを参照
今回は日本が持っている〝金融資産〟について考えてみましょう。
とかくマスコミは「日本は貧乏だ!」と言いたがります。(なぜか・・)
さて、そんなに日本が貧乏と言うなら、
「貧乏ってどんな状況なんだろう」と考えてみましょう!
一般的に〝貧乏〟とはこんな状況なのではないでしょうか。
■収入が少ない(生活するのにお金が足りない)
■借金が多い(コントロール出来る借金ならOK、出来なければダメ!)
■貯蓄が少ない(余分なお金を持っていない)
ボクも起業した6年前~3年間程はそうでした。
収入:月1万円の治療院収入(生活出来ないのでバイトをしていた)
借金:国庫から300万円&車のローン100万円
貯蓄:ほぼ0円
しかも、奥さんが妊娠して介護福祉士を辞めたのでボクの収入のみで生活するしかなく、
当時は世帯年収が250万円ほど。
しかも、自宅と店舗の家賃が合わせて年間190万円・・・。
生活に使えるのは年間60万円!?
正直、国庫から借りた300万円を切り崩しながら生きていました。。。
これは明らかに〝貧乏〟ですよ。
いやー、辛かった。。。
さて、ボクの過去は置いておいて、
上記の貧乏の条件を日本の財政に当てはめて考えてみましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■日本国の収入に関して:
こちらに関しては問題無く良い方でしょう。
世界No2のGDPを誇っています。(成長率は悪いですがね、、
中国に抜かれたと言われていますが、
多くの経済専門家は「中国の数字は全く当てにならない」と言います。
何故なら、中国は世界No2のなった年の決算の出し方に問題がありました。
中国政府は地域地域から上がってきた額を合計し、
その数字が余りにも額が大きすぎたので100兆円引いて申告した・・・、のです。
その年の中国GFPが470兆円ですから、そこに100兆円って、、、かなり雑・・・。
「この様な数字の出し方をしている国の申告に信憑性があるのか?」と多くの経済評論家は論じています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■日本国の借金に関して
これは前回もお話ししましたので前回コラムを参考に。
非常にコントローラブルな借金でしたね。
前記した二つのリンクでお読み下さい↑↑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■日本国の貯蓄に関して
こちらに関しては一緒に国民の貯蓄も見てみましょう。
・日本国民の総貯蓄額 806兆円
・アメリカ国民の総貯蓄額 546兆円
*2010年調べ
ぱっと比べても日本国民の方が貯蓄額が大きいです。が、
この数字は国民全員の総貯蓄額なので、国民数を比べると更に差は大きくなります。
アメリカの人口は日本の2.5倍ですから国民一人あたりの貯蓄額はアメリカ人の
3倍以上となります。
欧米諸国では資産を現金よりも株式証券などの形で所有しています
この持ち方は景気がいい時には良いのですが、
景気が悪化して株価が下がってしまうと一気に資産を失ってしまいます。
よくCMで「日本人も株式で資産管理!」と言っていますが、
景気悪化を考えた場合は現金で持っているのが一番安全なのです。
「景気悪化=デフレ」ですから現金の価値が上がります故。
そして、日本政府自体も470兆円もの金融資産を有しています。
これはGDPが日本の3倍のアメリカの金融資産額が250兆円しかないのを
考えると驚異的に数字(金額)なのです。
そして、極めつけが日本の対外資産の額です。
対外資産とはざっくり言うと海外に対して日本が貸しているお金のことです。
その金額は325兆70億円。
*2013年調べ
この数字はアメリカや中国を1.5倍近く越え、
23年連続で世界一位を維持しているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、いかがでしょうか。
日本貧乏説を数字で客観的に分析してみたのですが、
ボクにはどうしてもこの国が貧乏だとは思えないのですが・・。
マスコミにも何かしらの意図があるのでしょうね。
政党と同様に・・・。
ではでは、また!!
仲村ケイ
◆オマケ◆
ハイパーインフレに関してもう一言。
「アベノミクスはハイパーインフレを引き起こす!」と騒ぐマスコミや評論家がいるようですが、
ハイパーインフレとはインフレ率が13,000%を越える事が定義らしく、
これを物価上昇に当てはめると150倍の物価上昇が起こるらしい
しかし、これだけの物価上昇を引き起こすほどのお金の流通量を算出すると
日本国民一人一人に10億円づつ配る必要がある様です。
*個人的にアベノミクスを応援している訳ではありません。
安部政府は国防的には有意義な政策を進めていると思いますが、
経済政策は正直イマイチです・・・。(第三の矢がね)
これではデフレ脱却は難しいのではないでしょうか。
過去のコラム:
あなたの給料もどんどん下がるデフレ経済についてのコラムはこち

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-未分類

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.