渡邉哲

「骨盤、脊柱を調整しても良くならない腰痛に対して。」

投稿日:

 

こんにちは!

IRA東北代表、慢性疾患専門整体院まごころの渡邉哲です。

本日も東洋医学コラムをお読み頂きありがとうございます。

 

先週のコラム

「体調不良の患者さんには,◯◯◯筋をマッサージしてみてください。」

は、ご覧になっていただきましたか??

→http://ameblo.jp/pt-tekkun/entry-11895550204.html

今日は、東洋医学実践コラムということで、

「骨盤、脊柱を調整しても良くならない腰痛に対して。」

というテーマでお届け致します。

 

日曜日の腰痛博士の赤ちゃんこと、

赤羽さんのメルマガも参考にしてください^^

→http://www.irajapan.com/

と、まごころに

4年前から腰痛に悩む、40歳代の男性がいらっしゃっています。

いろいろ行ったけど、良くならなくて…。と。

 

腕の見せ所ですね。

って、張り切っちゃいたくなりますが、

張り切りすぎると、もちろん結果は微妙になります。苦笑。

なんでも、ほどほどが一番なんです。

整形外科的には、MRIとかを撮ってみて

「腰部脊柱感狭窄症かなー??」と言われたとのこと。

 

長く歩いたり、立っていたりすると、

右の腰から殿部~大腿外側後面~下腿にかけての痛みが出てくるとのことでした。

今で、4回(週に1回ペースで)通って頂いています。

初めのうちは、

骨盤や脊柱の歪みも強く、骨格的な柔軟性が低下していたので、

まずは、身体を整える目的で、骨盤ー脊柱ー頭蓋骨の歪みをしっかり調整しました。

初回は、あまり変化を感じてもらえなかったので、正直焦りました^^;

 

2回目以降は、身体が軽くなってきた感じがする。

という反応も頂けていましたが…、

「腰と足の痛いのは、あんまり変わらないなぁ…」

と、焦りますよね^^;

回数券を買ってもらってるから、次はなんとか来てくれるけど…。

みたいな。(心の声…苦笑)

と、理学療法的な検査などでは、

正直、筋骨格、神経系的に大きなトラブルは無いかなーと判断するようになりました。

若干気になる所としては、足が冷たいってところ。

あと、いろんな話を聞きながらですが、

この方、「仕事に対してのグチが多い」んですね。。

最初のうちは、話してくれなかったのですが、

だんだんグチを吐いてくれるようになってきました。

 

よくよく聞いてみると、痛くなりだした頃から、

職場で中間管理職的な立場で、上にも下にも良い顔しなくちゃいけなくなったかなと…。

自分が、頑張っている事が周りに認められる環境で無くなってきたと。。。

ここです!!!

ポイントです!!!

自分が頑張っているけど、認められないストレス

「こんちくしょう」「こんにゃろう」という

「怒りやイライラ」のストレスが溜まっています。

コレが、東洋医学(五行論)では、

肝臓に負担がかかる状態とされています。

実際に、お腹(内臓)を評価してみると、

右腹部の硬さ、右肋骨の硬さが認められました。

ちょっと話がとんで、

西洋医学の視点で考えますが、

筋肉が活動する時のエネルギー源は、ブドウ糖です。

ブドウ糖を供給してくれているのは、肝臓ですね。

東洋医学の視点で、

肝(肝臓)の働きは、全身に気(エネルギー)を巡らせるという働きがあります。

西洋医学、東洋医学的な視点で見ても

肝(肝臓)の働きは、大事だなと感じますよね。

その働きを弱めているのは、

言葉が単純ですが、「ストレス」なんですよね。

中間管理職として、

上にも下にも理解されないってところのイライラが自分の身体を

むしばんでいます。。。

どうするか??僕は、

「職場でのストレスが身体に影響していると思います。

話してみて誰か分かってくれる人も、いるんじゃないですか?」

って、言ってみました。

なかなか、素直になれなかったのか

4回目になって、ようやく仲間?というか、

話の分かる人が居る事に気付いたようです。

どうなったか…?

腰~足にかけての痛み、軽くなってきましたね^^

お客さんも

「そういうことってあるんだねー」と!!

東洋医学では、感情の面にフォーカスして考える事が多いです。

西洋医学での、構造的、論理的な部分で解決出来る所も含めた上で、

臨床に臨まれると、さまざまな結果・変化が出せるようになります。

僕ら、療法士・セラピストという職種は、

 

「患者さん自身の悩みを共感し、

気付きを与え、

変化を実際に感じていく。」

 

っていう、役割を担っていますからね。

東洋医学もそんな視点で学んでもらえたらなと思っています。

患者さんとのコミュニケーションや 治療場面、

自分自身の身体,生活などを見直すきっかけになれば幸いです^^

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

IRA研究会 東北支部長 認定アドバンスインストラクター

 

慢性疾患専門整体院 まごころ 渡邉 哲

取り上げてほしいテーマなどあれば教えて頂ければと思います^^

→https://ssl.form-mailer.jp/fms/180e0b57265187

さらに詳しく知りたい!!など、ご意見ご感想はこちらまで

magokoro3939@gmail.com

 

慢性疾患専門整体院 まごころ

ホームページ:http://magokoro3939.jimdo.com/

 

ブログ:http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 
どうぞご活用ください^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.