渡邉哲

「体調不良の患者さんには,◯◯◯筋をマッサージしてみてください。」

投稿日:

 

 

こんにちは!

IRA東北代表、慢性疾患専門整体院まごころの渡邉哲です。

本日も東洋医学コラムをお読み頂きありがとうございます。

 

先週は,東洋医学番外編ということで,

不思議なお話をさせていただいたのですが,

みなさん興味持たれたようで,正直うれしかったです。笑。

と,今日は臨床的にポイントとなる視点をお伝えします。

「体調不良の患者さんには,◯◯◯筋をマッサージしてみてください。」

 

どゆこと??

 

ちょっと僕の話になりますが,

回復期リハに配属になっていた時のことですが,

患者さんが体調不良を理由に,リハビリを拒否?お休み?することが続きました。

当時の僕(PT4年目くらいかな?)は,何かを勘違いしていたようですね^^;

リハビリに対してのやる気が無いことを,

患者さんのせいにしてました。

このメルマガを読んでいるあなたは,そんな事はないと思います。

でも,僕はそんな勘違いPTでした^^;

「何様のつもりだ!」と,あの時の自分に言いたい…><

…と,なんか湿っぽいので仕切りなおして!!

この時期,ご飯が食べれない人が多くいたように思います。

食欲不振と体調不良の関係は,大いにありますよね。

僕たちの身体は,食べたものでできていますので。

単純に,食べれなければ,身体のエネルギーにならないです。

じゃぁ,そんな方に対して

リハビリの介入としてどうするか???

【前脛骨筋をしっかりマッサージしてあげてください】

特に,脛骨粗面の外側~腓骨頭の間(前頚骨筋の起始)を

重点的にマッサージしてあげましょう。

前頚骨筋に対して,縦断的・横断的マッサージ,圧迫などなど

いろいろ行ってあげてください。

自動運動が可能であれば,

起始や筋腹部分を圧迫したままの底背屈,回内外とかもいいですね^^

1回のリハの介入で,両側の前頚骨筋,

時間にして,2~3分ずつしっかりマッサージしてあげましょう。

そして,足の親指まで他動的でもいいので,

動きを出して上げるとなおGood Job!です^^

こんな方法で,体調不良,食欲不振の改善のきっかけになります^^

「…嘘つけぃ!」

 

「…ホントかぃ!」

 

「…なんでだいぃ!?」

と,いろんな思いが頭を駆け巡るかと思いますが…。

「まずは,やってみてください^^」

少しずつ変化出てきますからね^^。

やってみてどうだったか,実感してみてください。

半信半疑だとは,思いますが最低3日は続けてください^^

こんな臨床的な視点は,東洋医学というものから考えています。

「気の流れ」「経絡」などなど,目には見えない世界です。

食わず嫌い的な方も居るかと思いますが,やるかどうかはあなた次第ですからね^^

上に書いた,マッサージは

自分自身にもセルフで行えますからね^^

自分も体調あんまりだなー,疲れ抜けないなーって方は,

セルフでしっかり行ってあげてください^^

ではでは,

一人でも多くの体調不良の患者さんが救われますように…!

【前脛骨筋をしっかりマッサージしてあげましょう!!】

患者さんとのコミュニケーションや

自分自身の身体,生活などを見直すきっかけになれば幸いです^^

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

IRA研究会 東北支部長 認定アドバンスインストラクター

 

慢性疾患専門整体院 まごころ 渡邉 哲

取り上げてほしいテーマなどあれば教えて頂ければと思います^^

→https://ssl.form-mailer.jp/fms/180e0b57265187

さらに詳しく知りたい!!など、ご意見ご感想はこちらまで

magokoro3939@gmail.com

 

慢性疾患専門整体院 まごころ

ホームページ:http://magokoro3939.jimdo.com/

 

ブログ:http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうぞご活用ください^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.