齋藤 信

「どんな質問にも100%回答できる方法」【POSお仕事サポーター】(04)

投稿日:

 

「どんな質問にも100%回答できる方法」【POSお仕事サポーター】(04)

(ブログで見る:http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11892873189.html)

みなさん、こんにちは。

土曜日のコラム、POSお仕事サポーターのはじまりです!

 

IRA研究会の齋藤でございます。

前回はリハ科内派閥で困っていた方へのお話をさせていただきました。

(前回の内容:http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11888898049.html )

派閥とか言ってないで、患者さんを見てみよう!

って話なんですが……

 

う~ん……

そんな事はわかってるよ。

でも、どうにかしてほしいんだよ!

って事を皆さん思ってるのかな?

実は今週も特に質問を寄せていただけなかったものですから、

結構残念な感じです。

先週の「超実践!POSの為のマインドマップ入門」を受講された方は

ご存知かと思いますが……

齋藤は自称歩く図書館です。

(うわ、言っちゃった。ちょっと盛り過ぎたかも)

僕に直接質問をされた方、

個別にコーチングやコンサルティングを受けた方が

実感されている通り、

質問に対して様々な方向でお答えしております。

まずは試しに質問してみてくださいね。

《GM齋藤に直接質問できるフォーム》

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvhAhlIRnM

では、今週は特に質問が無かったので、

僕の話をしちゃいましょう。

先の話のように、

僕は質問に対していくつかの返事を考えるようにしているのですが、

それが出来るようになるためのヒミツのテクニックをお伝えします。

どうやら、皆さん「質問されるのが怖い」ようですからね。

では、どんな質問にも返事が出来るようになるテクニック……

それは『芋づる式思考法』です。

ジャガイモやサツマイモの収穫をしたことはありますか?

 

でなければ、言っている意味が分からなくなると思いますので、

一応ブログには写真を載せておきますね。

◆**ブログリンク**◆

はい、一度写真を見ていただいて分かったかと思いますが、

コレが芋づる式。

一つの蔓から芋がいくつも繋がって出てくる様から、

使われる言葉ですが……

これと同じように、

僕は質問に対して、回答という芋をいくつも引っぱり出すんです。

そのために必要な事は二つ。

『検索力』と『関連力』

実は僕の頭の中は空っぽなんです。

いつも、特に何も考えていない!(笑)

ですが、ひとたび質問を僕の脳味噌に通すと、

それに関連する知識、経験、情報を検索して、

関連させるんですね。

そのうえで、知っている事ならそのままお伝えするし、

体験した事なら事例を出して話せます。

知らなかったり、未体験なものなら、

似た情報をまず自分の持つ知識に関連させ、

それをもとに、本やウェブで調べてお伝えしています。

慣れてくると、あらかじめ質問に対しての

『セットパック』というか、

パソコンの『フォルダー』のようなものが

頭の引き出しの中に沢山出来てきます。

ここでポイントなのですが、

『セットパック』や『フォルダー』は

いったん忘れること!

コレ、重要です。

一度忘れるということは、情報が脳内で圧縮されて、

コンパクトになるんです。

そう……余分な水分を飛ばした

フリーズドライみたいなイメージですね。

しかも、それにキーワードというフックがついた状態で

脳内に格納されるので、

何かのキッカケで一気に思い出せるんですね。

経験ありませんか?

お線香の香りを嗅いだら

おばあちゃんの家を思い出した、とか。

あれと一緒です。

そうやって、質問に対して引っかかるように

フックをつけたフリーズドライ……じゃなかった、

芋を脳味噌にたくさん入れておくことで、

どんな質問にも回答できるようになっていきますよ。

あ、もしかして、

結局色々覚えなきゃダメってこと……

とか思いました?

そこまですること無いですよ。

日常のなかで、

ちょっとだけ『氣』にしてみるだけです。

意識していることって、

後からでも思い出せますよね。

気になることがあったら、

それにちょっとだけ意識を向けておく。

それに慣れてきたら、意識する時に、

あなたの好みの印をつけることです。

 

それは、

・キーワード

・感情

・におい

・音

など、記憶に残りそうなものなら

なんでもOKです。

是非、試してみてくださいね。

といったところで、一度まとめます。

・是非質問して!

・頭空っぽでも、検索力と関連力があればOK!

・日常生活でちょっとだけ氣にしてみる!

この三つを知っておけば、

どんな質問も怖くなくなりますよ。

では、今日はここまで。

現場で思った素朴な疑問や、

困ったことなどを是非ご相談ください。

 

コラム内にてお返事させていただきます。

《GM齋藤に直接質問できるフォーム》

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvhAhlIRnM

と、いうことで、今週はここまで。

また来週お会いしましょう!

(社)JIR協会 GM

どM貴公子(R)齋藤 信

追伸 1

質問の回答はしなくていいから、この話をしてほしい!

とかでも構いません。以下のフォームよりお知らせくださいね。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvhAhlIRnM

追伸 2

もっと組織運営を知りたいというならコチラにご登録ください。

週1回メルマガ限定コラムを配信中です。

【 齋藤のメルマガ限定コラム 】

登録はコチラ http://otjyuku.net/blog/post-175.html

追伸 3

齋藤は現場で時間を確保するために色々な方法を試してきました。

8月2日(土)に療法士の知らない時間管理実践方法をお伝えします。

http://otjyuku.net/immt/?page_id=46

追伸 4

どんな時にどのタイプのリーダーシップを発揮するべきか?

次回8月3日は『3つのリーダーシップ活用法』です。

講義だけではなく、グループコンサルティングも行っております。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evbnlhe

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-齋藤 信

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.