赤羽秀徳

「 過去最高得点。全員『合格!』 」

投稿日:

腰痛治療の権威 赤羽博士プレゼンツ
☆☆腰痛治療 × 温かな人間関係の築き方 を学ぶ☆☆
―腰痛治療のスペシャリストを育成するコラム―
こんにちは!
新緑の季節ですね。気持ちいいですね!いかがお過ごしですか。
複合的腰痛アプローチ法  IRA Lumber Pain Technique(ILPT)で、
講師をしております赤羽博士、通称「赤ちゃん」です。
隔週で日曜日のコラムを担当しております。
本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

先週、5月25日(日)は、初開催の
慢性腰痛でお悩みの一般の方向けの無料セミナー
「腰痛リハビリテーションフェアー in 東京」 でした。
多くの方に、ご参加いただき無事終了いたしました。
終了後、感想をいただきましたので、
その一部を紹介します。
・「本で読むより、生の声を聞くことが出来てよかった」
・「貴重な情報をありがとうございました」
・「わかりやすい説明でした。ありがとうございました」
・「広い視野から腰痛について分析していて、とても納得できる話でした」
・「とても深い内容なのに、無料で聞けてラッキーでした。誘ってくれた友人や講師に感謝しています」

 
第二回目は、6月5日(木)にあります。
開催まで間近ですが、みなさんの周りでお困りの一般の方がいらっしゃいましたら、
ご紹介お願いします。
…。
さて、

 

前回このメルマガが配信された5月18日は、
沖縄でのILPTプラクティショナー資格取得試験の開催日でした。
無事全員「合格!」し、有資格者数は、合計34名となりました。
筆記試験では、全員が80点以上であり、過去最高の平均点でした!
今回は、合格者のお一人
沖縄県で理学療法士をされている
垣添陽子さんからいただいた感想を紹介したいと思います。

 

★感想★
「PTになった当初より腰痛を訴える患者様がいても、
どのように介入してよいか分からず、
物療やマッサージなどの対症療法でしかみられず
悩み困っていました。
コースに参加し、まず自分が今まで行っていた事、
視点としていたことに変化が出来ました。
問診の大切さを実感し、
問診から見えてくる患者様の“心の声”が
少しずつ聞けるようになり、
何よりもセラピスト依存型の治療から、
本来の患者様主体の治療に変化していくことが出来ました。

 

“腰痛”という名のコースでしたが、
内容は心理学の内容もあり、意外性ばかりで初めは半信半疑でしたが、
受講していくうちに本来の腰痛の要因について理解が深まり、
それ以上にコミュニケーション能力について多く学べたのでよかったです。
今後の人間関係に大いに活用していきたいです。(特に子育てに対して・・)

 

今回のコースの内容は、とても充実していたのでよかったと思います。
先生の新しい知識をもっと学んでいきたいので、コースの継続を希望します」

 

垣添さん、ありがとうございました。

 
では、垣添さんの感想から、“物療やマッサージなどの対症療法”
に注目して考えてみましょう。
あなたの治療はいかがですか?
当初、垣添さんが悩んでいた
“物療やマッサージなどの対症療法”
には、なっていませんか?
物療やマッサージを否定しているわけではありません。
症状が改善していれば、問題はありませんが、
多くの場合、対症療法のみでは、慢性化してしまうことがあります。
腰痛の治療では、患者様主体の治療が効果的であり
そのために、責任の分担をハッキリさせることが大切ですね。

 

 

ILPTでは、責任の分担を感じて頂くために、丁寧な問診をするとともに、
身体機能を検査する理学検査を進めていく時も、
患者様とともに進めることを大切にしています。
そのひとつとして「気づき」を確認しながら進めて行きます。
治療後に患者様から「これなら、自分でもできますね」という発言や
「自分は、何を家でやったらいいですか?」
という発言がよく聞かれます。

 
セミナーでもお伝えしていることですが、
腰痛で【予後がよくない患者様】の特徴の一つに
「自ら積極的に治そうというより、
むしろ受動的な治療が役立つという考え」
があるとされております。
患者様がどのような考えで治療に向かうかは
治療者側の質問によっても変わってくるでしょう。
垣添さんの感想にもありますが、
そのために、「心の声」を聴くことを心がけると
治療に必要な多くのヒントが得られるでしょう。

 

喜び
楽しさ
嘆き
嬉しさ
寂しさ
つらさ
などななど。
問診のみならず、運動療法を行っている時にも、
不安がある場合ほど「心の声」が、
変化していくでしょう。

 

今回は、垣添さんの感想から、
“物療やマッサージなどの対症療法”
について考えてみました。
是非、一緒に学んでいきませんか?
患者さんの素敵な笑顔のために。

 

IRA研究会  認定アドバンスインストラクター

複合的腰痛アプローチ法
IRA Lumber Pain Technique(ILPT)講師 赤羽秀徳

 
【ILPTからのお知らせです。】
★「腰痛リハビリテーションフェアー in 東京」
を開催します。初開催です。
慢性腰痛でお悩みの一般の方向けの無料セミナーです。
もし、みなさんの周りで、みなさんが直接治療したり、アドバイスしにくい人などなど
気になっている方がおりましたら是非ご紹介お願いします。
セミナー内容は、
講演としては、
・安心できる腰痛の見分け方は?
・どうして痛みが慢性化してしまうの?
・欧米諸国の腰痛治療指針から学ぶ治療法は?
・腰痛に対する捉え方の変化
などです。
そのほか、
・その場で簡単にできる、効果的な体操・姿勢修正をします。
終了後、希望者のみ、
・無料個別相談を行います。こちらは、事前予約が必要となります。

 

B日程:2014年 6月5日(木)  10時~12時30分
江古田コミュ二ティーセンター
大江戸線新江古田駅より徒歩5分
です。
両日程とも内容は同じです。ご都合のよい日程をお選びください。

 
お申し込みは、
電子メールから youtsu2@gmail.com 宛に
1)お名前、2)ご住所、3)電話番号 4)希望日程(A:5/25, B:6/5)を
明記して送信してください。
あるいは、直接申し込みもできます。こちらから↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a0e7f0b2292617

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-赤羽秀徳

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.