齋藤 信

「見れば使えるマネジメントテクニック(1)」【PTOTの為のマネジメント】(130)

投稿日:

 

(ブログで見る:http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11846385163.html )

(IRARadioで視聴する:http://youtu.be/v5ALMYgBBmA)

 

みなさん、こんにちは。

土曜日のコラムはマネジメント!

 

IRA研究会GM齋藤でございます。

とうとう2014年のマネジメントセミナーを公開しました。

今回は、

《管理業務に悩む人の為の仕事術講座》

《中間管理職の為のマネジメントマスター》

の2種類のコースを準備しました。

 

ま、それは本題ではございませんので、

気になる方は追伸をご覧ください。

本題は……

マネジメントセミナー開催を記念(?)して

今回から5週間かけて、

《見れば使えるマネジメントテクニック》

を連載していきます。

紹介するテクニックは、

・マトリクス

・親和図法

・連関図法

・系統図法

・特性要因図

の5つです。

すべて言語的な情報を取り扱うものですので、

リハビリの現場だけではなく、

プライベートでも使っていけるものです。

マネジメント……と難しく考えず、

溢れる情報を整理するテクニックと思って

まずは使ってみてください。

っと、前置きはさておいて……

今日は僕が一番多く使ってきた……

そして誰でも見れば使えるというテクニック……

《マトリクス》

をお伝えしていきます。

マトリクスとか言われてもよくわかりませんよね。

もちろん、キアヌ・リーブスの映画のアレでもございません。

みなさんが、名前を知らないだけで、

世の中には、結構あるんですよ。

マトリクス。

絶対に一度は見ている!

そう、僕は予言出来ます。

見た事がない人がいたら、

僕のマネジメントセミナーに無料で招待しますよ。

では例をだしますよ。

期待しないでください。

僕が絶対勝ちますから(笑)

・リハビリテーション料に関する施設基準の表

・リスクマネジメントの対策一覧表

・片麻痺の機能評価表

・Barthel Index

・ROM評価表

・MMT評価表

とかです。

ね、1度は絶対に見た事があるものばかりですよね。

見た事がないって言うなら、

もう一度国家試験の勉強してこ~い!

ってものばかりです。

そう、このマトリクス図というものは、

図表分析法なんです。

はい、では目的と手順です。

目的:複数の現象について、相互の関係性を整理すること

 

手順:

1:分析テーマを決める

2:マトリクス図のタイプを決める(L型・X型)

3:タイプにあわせて図を書く

4:縦軸と横軸にそれぞれ分析する項目を記入する

5:縦軸と横軸の交差する枠に分析結果を記入する

6:図が完成したら、全体を考察する

以上!

 

って、文章だけではよくわかりませんよね。

ですので……ここからはブログを見ることを強くお勧めします。

(ブログ:http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11846385163.html)

さて、続けます。

マトリクス図には、様々なタイプがあります。

 

先の例にあわせて紹介すると、

 

・L型

・リハビリテーション料に関する施設基準の表

・リスクマネジメントの対策一覧表

・片麻痺の機能評価表

・Barthel Index

 

・T型

・ROM評価表

・MMT評価表

 

と言った具合。

 

X型はちと見当たらなかったので、

僕から提供します。

・X型

・業務分析

・興味関心分析

・性格分析

・ファッション分析

などでしょうね。

いずれにしても、縦軸と横軸の位置や項目を変える事で

様々なものを分析する事が出来る代物だと気づいていただければOK!

 

気軽に整理できるので、

気になった事をどんどん分析してみてください。

といっても、まずは基本の……

 

緊急度と重要度の2軸分析がいいかな。

是非、現場で使ってみてくださいね。

次回は親和図法、別名KJ法を実際にやってみます。

楽しみにしていてくださいね♪

では、最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

(社)JIR協会 マネジメント講師

どM貴公子(R)齋藤 信

追伸 1

ついでに言えば、

以下のIRARadioマネジメントにご登録いただけば、

今回の内容を動画でご覧いただけます。

登録はコチラ http://otjyuku.net/blog/post-175.html

追伸 2

科長や部門長は1人で運営をしていて、

「何が正しいのか?」迷う事はたくさんあるのではないでしょうか?

もしあなたが、自信を持って決断をしたいなら、、、

そしてその決断で失敗したくないのなら…

このセミナーはオススメです。

『管理職の為のマネジメントマスターコース』

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evbnlhe

追伸 3

今回のテクニックを使いながら

あなたの仕事を一緒に分析したい方は

5月31日の仕事管理術セミナーがオススメです。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evbuvbs

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-齋藤 信

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.