赤羽秀徳

2秒でポジティブになる方法!

投稿日:

腰痛治療の権威 赤羽博士プレゼンツ
☆☆腰痛治療 × 温かな人間関係の築き方 を学ぶ☆☆
―腰痛治療のスペシャリストを育成するコラム―
みなさん、こんにちは!
複合的腰痛アプローチ法  IRA Lumber Pain Technique(ILPT)で、
講師をしております赤羽博士、通称「赤ちゃん」です。
隔週で日曜日のコラムを担当しております。
本日も、お読みいただきありがとうございます。
ゴールデンウィーク真っ只中の日曜日、いかがお過ごしですか?
仕事をされている方も、休暇を楽しんでいる方も、
「ワクワク」してますか?
「当たり前」と思ってしまうと、
「ワクワク」しなくなってしまうようですよ。
私は、今日も「ワクワク」仕事してます(o>ω<o)

 

さて、前回は、「 姿勢とホルモンの意外な関係! 」をお伝えしました。
2分間胸をはった姿勢をすると
テストステロンが増加し、
ストレスが30%減った、という結果でしたね。
まずは、自分の普段の姿勢を振り返ってみましたでしょうか?
姿勢を変えてみて、何か気分に変化は感じましたか?
いい変化を感じたら、是非、続けてみましょう。
では、今回も姿勢についてみていきたいと思いますが、
もうちょっと動的な姿勢についてふれてみましょう。
今回、注目してみたいのは、
『両手を高くあげる』という姿勢です。
例えば、あなたがフルマラソンをしてやっとゴールにたどり着いて、
ゴールラインをまたぐとき、どんなポーズをとるでしょうか?
オリンピックのゴールシーンでもよくみられる光景ですね。
『両手を高くあげる』ことをする方が少なくないと思います。

 

シンガポール国立大学とシカゴ大学の共同研究によれば、
握りこぶしを高くあげる行為はポジティブな力を
無意識のうちに発動させるそうです。

 

 

「脳の中の身体地図」(インターシフト発行)という本に、
に興味深い内容があったので引用します。

 
「二人の心理学者、ウィリアム・ジェームスとカール・ゲオルグ・ランゲが、はるか昔
身体の変化を知覚すると
情動が生じる
という説を打ち立てた。
森の中で、熊から逃げているとき、怖いと思うのは、
熊に食われそうだと理にかなった判断をしているのではなく、
心臓が早鐘のように打ち、胃と括約筋がぎゅっと締め付けられ、
全速力で走っているからだ。
また、
口論が終わっても、心臓がドキドキしている間は、怒りが治まらない。
(中略)
全身麻酔患者がよく、情熱と感情が鈍ってしまったと訴えることは、
この説で納得がいく。
(中略)
言い換えるなら、恐怖は心の中より
むしろ身体の中にある。」
引用終わります。

 
「身体の変化を知覚すると
情動が生じる」
そして、
「恐怖は心の中より
むしろ身体の中にある。」

 

という部分が、興味深いですね。

 

腰痛のある患者さんから、
「痛みがあるから、不安で何もできない」
「こんな自分が、嫌になってしまう」
というような発言を聞くこともあるかと思います。
そんなときに、今回のような情報を患者さんに
お伝えした上で、
つまり、「気分が良くなったら体を動かす」 と考えるよりも
「体を動かすと気分変わる」
ということを、理解していただいた上で、
マラソンのゴールや、難しい試験の合格発表など
感動する場面で、どのようなポーズをとるか、
あなたの質問によって、対象者に考えていただき
そのポーズを、普段の生活の中に、溶け込ませて見てはいかがでしょうか?

 
もし、考えつかない場合には、『両手を高くあげる』という方法を
相手の許可をとってから提案してしてみてください。
許可をとってから提案です。
ここがポイント!

 
歩行動作が不安定の方が、立位で急に『両手を高くあげる』というのは、
難しいでしょうから、
壁に向かって15cm位離れて立ち、上半身を壁に接するように
万歳の姿勢をとる。
これを、トイレから出たら出口近くの壁で行う。
という提案もひとつですね。
これだと、数時間ごとに股関節や脊柱などの伸展練習にもなりますね。
実際、これを取り入れるだけで、
心も体も元気になっている方も、いやっしゃいます。

 
・「恐怖は心の中より むしろ身体の中にある。」
・「身体の変化を知覚すると情動が生じる」

 
是非、この考え方を、あなたの自身の生活や、
臨床などに生かしてみては、いかがでしょうか?
一緒に学んでいきましょう!!
患者さんの素敵な笑顔のために。

 

IRA研究会  認定アドバンスインストラクター

複合的腰痛アプローチ法
IRA Lumber Pain Technique(ILPT)講師 赤羽秀徳
追伸1
くれぐれも、本人が望む方法を一緒に考えましょう。
押し付けならないように注意。
追伸2
私は、毎朝やってます。\(^^@)/ 万歳!

【ILPTからのお知らせです。】
★腰痛治療セミナー (旧インフォメーションセミナー)
☆福井 2014年6月22日(日)
☆名古屋 2014年9月28日(日)
☆仙台 2014年10月5日(日)
☆大坂 2014年11月2日(日)
申し込み受付開始しました。
詳細・受付は、こちらから→ http://irajapan.jp/backpain/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-赤羽秀徳

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.