渡邉哲

なぜ、いつもこの患者さんは怒ってるんだろう??

投稿日:

 

まごころより

 

こんにちは!

慢性疾患専門整体院まごころの渡邉哲です。

 

だいぶ春めいた日が増えてきましたね^^

菜の花とかの春野菜とかも出てきて、美味しいですね。

 

それでは、今日も木曜日の東洋医学メルマガよろしくおねがいします!

 

先週のメルマガも見ていただけましたか??

 

最初に見ちゃダメって、言ったのに

見ちゃった人も多くいました。笑。

 

 

と、いつもよりも良い反響を頂いたので、

今回も「患者さんのやる気が出ない理由」の続編としてお伝えしたいと思います。

→http://ameblo.jp/pt-tekkun/entry-11804508902.html

 

 

今日は、

「なぜ、いつもこの患者さんは怒ってるんだろう…??」

というテーマでお伝え致します。

 

 

これまたどうでしょう?

今、担当している患者さんでいませんか??

もしくは、後輩が悩んだりしていませんか??

 

 

この前の僕が悩んだ患者さんではなく、

別の患者さんの話です。

あのケンカ事件からは、2~3年位経ってますよ(笑)

 

 

70代前半の男性。ガッチリ?ぽっちゃりした体格。

疾患としては、発症2ヶ月の脳梗塞で回復期病棟に入院されてきました。

 

身体能力的には、軽度右片麻痺で軽度の感覚障害もありましたが、

痛みの訴えなどはあまり無かったですね。

特記すべきとしては、

非麻痺側上下肢の緊張が高かった印象があります。

俗にいう、”つっぱる”人ですね。

 

能力的には、

車いすADL一部介助レベルで、歩行でのADL自立も行けそうな予後予測でした。

 

 

さてさて、こちらの方も、怒りん坊…^^;

気分屋?と言ってもいいのかも知れませんが^^;

 

リハビリは、順調には行きませんよね。。。

 

 

元々、アルコールが好きで

明るいうちから飲むこともあったそう…。

 

家族も若干諦めがちでしたが、

2日に1回は、代わる代わるお見舞いには来てくれていました。

大事にされてるなぁ。って思ってたんですけど、

 

でも、そんな家族にもその方、

怒っちゃんですよね^^;

 

 

僕はじめ、スタッフも結構怒られてましたねー。

ペアのOTの子は、

「もう〇〇さんの所、行くのビビリます…。」

(おっ…、気持ちすっごく分かる!!笑)

 

 

さぁ、どうする自分?

 

この人の為に、何ができるんだ??

 

 

ですね。

 

 

以前の経験などからいくと、

こういう方は”足が冷えているかも知れない”ということは、常々考えてました。

 

 

ですが、この方

足冷たくないんですよ。。。

 

 

むしろ、熱いくらい…。

 

手足も温かいですけど、肩・首、顔・頭などが火照ってる感じですね。

 

 

さぁ、どうしましょうです。

 

 

 

お気づきの方もいるかと思いますが、

 

「火照る=冷えてない」

 

ということでは、ございません。

 

 

むしろ、

 

「火照る=めっちゃ冷えてる」

 

なんですね。

 

 

身体の中の熱が、表面に出てきてしまっていて

身体の中、身体の芯は冷えている状態なんですね。

 

 

この方に限らず、

怒っている人って、顔真っ赤にしてカッカッカッカしてるじゃないですか?

サザエさんでいうと、波平さんが怒った時のイラストとかそうですよね?

「ばかもーん!!(怒)」みたいな。

 

 

東洋医学的にいうと、

”気があがる”とも言ったりします。

偏ってしまっているんですね。

 

 

 

こういう怒りん坊の人には、どうするか??

 

 

 

僕は、…いっぱい怒ってもらいました。

 

 

嫌がらせをしたとかじゃないですよ^^;(苦笑)

 

 

 

観察していると、気付いたんですよ。

 

 

「この人、怒った後に深呼吸してるわ」

 

 

と。

 

 

怒るとこまで怒ると、人って一息つかざるを得ないんですよね。

 

 

子どもでいうと、泣きすぎて笑っちゃうみたいな?(これは違うかな?)

 

 

 

って、何が言いたいかというと、

 

 

怒りん坊の人は熱が身体の表面に上がってきている事がほとんどです。

 

 

身体が火照ってる人に、

火照ってる人ほど冷えてるんですよ!!

だから、温めましょう!!

 

と言っても、聞いてもらえません。

怒られます笑。

 

 

怒らせてあげることで、熱を使います。発散します。

そうすると、身体の火照りが少し軽減します。

 

 

夏の暑い日に、熱いものを食べて、汗をかこうというものと同じ考えです。

 

 

そうすることで、身体は自然とバランスをとってくれるんですね。

 

 

それが、良かったのかどうかはハッキリしませんが、

リハビリもまずまずいい方向に介入出来るようになってきましたよ。

 

 

 

と、なんだか、まとまりがなくなってきましたので、

この辺で失礼したいと思います!!!

 

 

怒っている患者さんにお悩みの方や、周りのスタッフの方の

参考に少しでもなれば幸いです。

 

 

熱のバランスなども、見てみるといろんな事がわかってくることあります。

 

 

悩めるセラピスト…、

おそらく全員だと思いますが、

一度はバランスを重視する東洋医学の世界に触れてみるのをおすすめしています。

 

 

あなたのセラピスト人生をより楽しくさせてくれますよ。

 

 

長々と失礼しました!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!!

 

 

また来週もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

この話に関係なくとも、

取り上げてほしいテーマなどあれば教えて頂ければと思います^^

→https://ssl.form-mailer.jp/fms/180e0b57265187

 

 

こちらからお問い合わせ頂いた方には、

不定期で裏メルマガをお送り致します。

 

IRA研究会 東北支部長 認定アドバンスインストラクター

 

慢性疾患専門整体院 まごころ 渡邉 哲

 

 

さらに詳しく知りたい!!など、ご意見ご感想はこちらまで

magokoro3939@gmail.com

 

慢性疾患専門整体院 まごころ

ホームページ:http://magokoro3939.jimdo.com/

 

ブログ:http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.