福留良尚

「この人に任せたい!」と思われるセラピストがやっている自分に自信を持つ方法

投稿日:

From.IAIR 福留良尚

 

国際統合リハビリテーション協会【IAIR(アイエアー)】コラム

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

先日車の点検でホ〇ダのディーラーへ行った時のこと。

 

受付の方が案内して下さり、席で待っていると整備士らしき方が来られました。

何だかうつむき加減で、オドオドしている印象。

点検の内容について説明してくれたのですが、、、

 

整「す、すいません、本日の点検を担当します〇〇です。」

私「はい、よろしくお願い致します。」

整「あっ、す、すいません、今日の点検はこのような感じになります。」

私「はい、伺ってます。」

整「あっ、はい。すいません、お時間1時間ほど掛かりますが大丈夫でしょうか?」

私「大丈夫ですよ、伺ってますから。」

整「すいません、、」

 

(「何回すいません言うんだこの人は⁉」)

 

この整備士に任せて大丈夫なのかとめちゃめちゃ不安になりました(笑)

ネジ緩んだまま返されないだろうか⁉点検の精度は大丈夫だろうか⁉

要らぬ心配が頭をよぎりました。

 

こちらとしては、正直お願いしたくなくなりました。

ですが、この場合整備士を選びようがないので仕方ありません。

次の点検でこのお店を使うか悩みどころ。

 

 

こんな感じで、1人の従業員の印象だけで、客はその店全体を品定めしてしまいます。

この整備士のように、「プロ」としての自信を感じられないと、こちらは不安になります。

 

これは人体を扱う我々にとっては、更にシビアな問題でしょう。

オドオドしたセラピストに触れられるのは、患者にとっては恐怖以外の何物でもありません。

 

 

自分に自信を持ち、堂々と患者と向き合うためにはどうすればいいのか?

 

良く自己啓発系の本や雑誌には、

  • 「成功体験を積み重ねる」
  • 「自分を否定しない」
  • 「ポジティブに考える」

というような文章があっちこっちあります。

 

正直、、

「それが出来ないから困っているんだ!」

という声が多いのは事実でしょう(笑)

 

 

ある研究で、自分に自信を持っている人の多くは、自分を客観的に見れるということが言われています。

客観的に見るとはどういうことか?

 

これは生身の自分をもう一人の自分が見ているような状況を想像してください。

そしてもう一人の自分が、生身のあなたに話しかけます。

  • 「今日は早起きできたしすごいね!」
  • 「あの患者さんすごい喜んでたね!」
  • 「今緊張しているから、リラックスしよう」

こんなふうにもう一人の自分に生身の自分を見てもらう。

これを「メタ認知」と言います。

 

独り言とは違うのが分かりますか?

 

メタ認知とは、認知認知すること。 人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。 それをおこなう能力をメタ認知能力という。(Wikipediaより)

 

野球選手のイチローや、芸能人のタモリさんもこのメタ認知を使っているというのは良く聞きます。

(イチローのメタ認知に関する記事:http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100520/92259/

 

 

自身を持ってアプローチするためには、自分を客観視し、自分自身を認めることが大切です。

そしてそこには根拠が必要になってきます。

根拠とは、結局のところ日々の積み重ねです。

毎日文献を読むとか、実技の練習をするといった積み重ねをしている。

一人一人の患者に、真面目に誠実に対応し、リハビリを提供している。

人前で話すなら、その準備にしっかり時間を使い、練習を繰り返している。

 

それを自分自身で認めることが、自信を作り、落ち着いて患者と相対できるようになるコツだと私は思います。

メタ認知能力を簡単に上げる方法があります。

鏡の自分に向かって、話しかけてください。

いろんな場面で鏡を見るはずです。

その時々でいいので、第3者の視点で自分を励ましてください。

 

 

IAIRでは、コースで受講されている方は分かると思いますが、毎月研修に参加するという、普通のセラピストではあまり体験しないことを積み重ねます。

これが根拠です。

 

後はそれを認めてあげて下さい。

  • 「毎月しっかり参加して、着実に技術を磨いているね」
  • 「受講当初からすると上手くなっているよ」
  • 「そんなあなたに治療される患者は幸運だ」(これは言いすぎか笑)

自信を持ってください。

あなたが相対する患者は、確実に前のあなたより良い成果を出すはずです。

 

 

来月の学会では、正に社会に対して自信を持って活動されている先生方が登壇されます。

自分の知識や技術が、多くの人に貢献できることを信じて疑わない方々です。

是非そんな社会で活躍されている先生方の話を聞いてください。

きっとあなたの成長の一助となるはずです。

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

追伸1,私が感動した上肢セミナーの開催が近づいています。

その他のセミナー日程はこちら【IAIRセミナーページ】

http://iairjapan.jp/calendar

全国各会場のセミナー申し込みを受け付けております。

 

 

追伸2,IAIRの公式LINE始まりました!

まだ見られていない方は、是非友達登録お願いします。

クリック↑

 

*******************************************************

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

常任理事 IAIR九州 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairjapan.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

*******************************************************

 

【IAIR九州Facebookページ】

いいね!を押して最新情報をいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-福留良尚

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.