福留良尚

第81回「風邪をひいて感じたヒトの免疫力とリハビリテーションについて」

投稿日:

From.IAIR 福留良尚

 

国際統合リハビリテーション協会【IAIR(アイエアー)】コラム

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

本日は少し趣向を変えて、風邪について書いていきます。

何を隠そうこのコラムを書いている前日、39℃の熱を出しておりました。

高温でフラフラするくらいの状況でしたが、大体1日で軽快させました。

しかも薬とか一切飲まずに!

どうやったか?1日で軽快したのは何故か?

今日は人の免疫力、人体の声について。

 

 

こんな言葉聞いたことあるでしょうか?

「風邪を治す薬を発明したらノーベル賞もの」

 

風邪症状を引き起こすのは、多くの場合ウィルスです。

しかし、このウィルスに対して効果がある薬は現在ないと言われています。

日本感染症学会のガイドラインでは、「風邪はほぼすべてウイルスを原因とするもので、抗菌薬は効かない」としています。

 

既に欧米諸国では風邪薬は医療保険から外れています。

海外においては、発熱とは自己の免疫力を高めて体内のウイルスを退治するための作用であるから、下手に解熱しないほうがいいという考え方が主流です。

(参照: http://biz-journal.jp/2015/06/post_10349_2.html)

 

 

薬は「人体の声」にフタをする

 

痛みや熱に対して、日本ではその症状を和らげる薬がすぐに処方されます。

しかし、体で起こるそれらの症状、反応はヒトが本来持っている免疫という機能です。

その免疫反応を抑えるとどうなるか?

治りが遅くなったり、下手をすれば副作用が起こったりするわけです。

(もちろん命に関わるような病気も多々ありますので、医師の判断を仰ぐことは大切です)

 

 

特に私たちリハビリに携わるセラピストは、痛みに対して日々治療します。

それと同時に、医師からは「痛み止め」「湿布」などを処方されていると思います。

 

痛みとは、人体の防御反応です。

「そこにそれ以上負荷を掛けないでくれ」という、人体の声です。

それを薬で消してしまったら?

患者さんは「良くなった」と勘違いして、また同じような行動をとるでしょう。

同じように負荷を掛け続ける生活をするでしょう。

 

それを繰り返していくとどうなるか?容易に想像が出来ると思います。

私たちが治療すべきなのは、痛みそのものではなく、痛みを作りだす習慣を正すこと。

腰が痛い患者さんに腰のマッサージをするのは、一時気持ち良いかもしれませんが、それはリハビリではないと私は思います。

 

リハビリテーション(英語: rehabilitation)とは、身体的、精神的、社会的に最も適した生活水準の達成を可能とすることによって、各人が自らの人生を変革していくことを目指し、且つ時間を限定した過程である。(Wikipediaより)

 

各人が自らの人生を変革していくこと、薬や慰安目的のマッサージに頼らず、自立して生活していくこと。

これを追い求めずに、医療的リハビリテーションとは言えないのではないでしょうか?

人体の声に耳を傾け、適切な処置、アプローチを行う。

風邪の治療もリハビリテーションも共通する部分があるのではないでしょうか?

 

 

さて、私が行った風邪の対処法も載せておきます。

注意!! 

子供さんの場合は症状を明確に伝えられない場合があります。

一度受診して医師の判断を仰ぎ、その上で普通の風邪(上気道炎)なら試してみてください。

また、大人であっても基礎疾患をお持ちの方や、その他に薬を飲んでいらっしゃる方の場合も医師に相談しましょう。

あくまで、普段薬を飲まない30代男性が行った対処法です。

 

①体を温める

41℃位のお湯に浸かって体を温めます。体温が上がると免疫力が高まると言われています。清潔にもなるので、半日に1回15分くらいがお勧めです。

②休む

とにかく寝る。水分取って何も食べずに寝てください。私は18時間ぶっ通しで寝ました。食事をとると消化にエネルギーを使うので余計なお世話です。今は免疫にエネルギーを使いましょう。あと寝る時には首にタオルを巻きましょう。首周りを温めるのは効果的です。

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

追伸1,私が感動した上肢セミナーの開催が近づいています。

その他のセミナー日程はこちら【IAIRセミナーページ】

http://iairjapan.jp/calendar

全国各会場のセミナー申し込みを受け付けております。

 

 

追伸2,8月からIAIRの公式LINE始まりました!

まだ見られていない方は、是非友達登録お願いします。

クリック↑

 

*******************************************************

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

常任理事 IAIR九州 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:http://iairjapan.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

*******************************************************

 

【IAIR九州Facebookページ】

いいね!を押して最新情報をいち早くチェック!

https://www.facebook.com/iairkyushu/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-福留良尚

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.