福田陽介

勉強しない、勉強が嫌い、仕方ないよね・・・

更新日:

勉強するタイミング

あなたは、どんなタイミングで勉強をしますか?

「ご飯食べてから」

とかそういうことではなくて・・・

 

学生時代を思い出してみると、、、

中学、高校時代は「中間テスト、期末テスト」というものがあって、そのテストに向けてカリキュラムが設定されて、その内容の理解度を「テスト」されていました。

 

当時の「勉強」は、テストのための勉強だったのです。

テストの結果が、ある期間での授業理解度を反映しています。

 

何かのための勉強

リハビリの学校に入っても変わりません。

ある期間を設けられて、授業を聞き、その理解度をテストされる。

最終的には、学校に通っている間の理解度を「国家試験」というテストで測られる。

 

我々はそういう道を辿ってきています。

 

 

国家試験が近づくと、学校でもピリピリした感じになってきます。

同級生とグループを作って勉強するという方法を僕らの学年は選択しました。

疑問点は教えあうやり方だったのです。

 

対立

僕はそのグループの中で周囲と対立しました。

僕の主張は

「現実世界ではそれに当てはまらないことが多い。正解には納得できない」

とか

「そもそも臨床で求められる知識はこういうことじゃない」

とか・・・

(ほんと、空気が読めない男・・・)

 

それに対してグループの主張は

「そうかもしれないけど、今はそんなことを言っている時じゃない。国試に合格しなければ話にならない。合理的なのは問題の傾向をつかんで、その回答になれることだ」

といったものでした。

 

筋が通っています。

 

二つの勉強法

1.「その時、必要なことを学ぶ」

2.「この先、必要だろうから学ぶ」

勉強のタイミングには、大きくこの二つがあると思います。

 

先ほどの国試の時の例でいうと、

グループの主張は1でした。

僕の主張は2でした。

 

どちらかが正解とは思っていません。

問題をこじらせたのは「国家試験の合否」がかかる勉強をしていたからでしょうね。

プレッシャーを受けて、イライラしていたのでしょう。

 

(僕は当時、根拠のない自信の持ち主で、きっと大丈夫だろう、ってたかをくくっていましたから、あまりプレッシャーなかったのです)

 

国試合格後のことを話す人間と、国家試験合格を最大の目標に話す人間が噛み合うわけがありません。

 

(結局その時は、グループの方が筋が通っていたので、僕はグループの意見を受け入れました)

 

 

あなたはどっち?

今、目の前の症例のことで切羽詰まっていて、どうしたらいいかわからない状態であれば、その症例のことや該当する部位(解剖学的特徴)や該当する生理的働きについて学ぶ必要があるでしょう。

 

今、それほど切羽詰まっているわけではない状態であれば、自分の未来を見据えて「好きなこと」、「やりたいこと」の勉強をする必要があるでしょう。

 

 

社会に出ると、学生時代のように「テストされる、測られる、試される」瞬間は定期的にきません。

そのタイミングは突然きたり、あるいは全く来なかったりします。

何に関して評価するかを告げられないまま、評価されたり。

準備は難しくなるのに、評価されてしまう・・・という状況ですね。

勉強が嫌になるわけです・・・

 

 

いつ試される瞬間が来てもいいように準備することが大切です。

年齢が進むと、「テストされる」タイミングなんてほとんどなくなります(年功序列とかだと尚更)。

だからこそ、自分で「やるタイミング」を設定しないと勉強するチャンスそのものを失うことになります。

 

社会人になってからやる勉強は「やらされる勉強」じゃないはずです(社会に出てもやらされるばっかりだったら考え直した方がいいですよ)。

 

能動的に主体的に勉強することで、どんどん理解が進みます。

 

 

先ほどの分類でいうと「2.」の勉強の方が楽しいです。

「1.」の勉強は実践的です。

「1」と「2」があっていると、仕事はとても楽しくなりますね。

 

そんなの意味あるの?

「勉強が何の役に立つというのか?」

という疑問をお持ちの方にお伝えします。

 

勉強したことが役に立つ「何か」を設定するのは自分自身で、人に聞いているうちは見つかりませんよ。

好きなこと、やりたいことが見つかれば、自然に勉強すると思います。

好きなこと、やりたいことは何ですか?

 

 

セミナー日程の確認はこちら【IAIRセミナーページ】

今、上肢疾患のリハビリで悩んでいるんです、という人には「IAIR上肢セミナー」をお勧めします。

詳細は↓↓↓

http://iairjapan.jp/calendar

 

 

 

【福田陽介無料メールマガジン】

毎週月曜日11:30にこっそりとお届けしています。登録はこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

TwitterFacebookで投稿しております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-福田陽介

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.