渡邉哲

「踵をぐりんぐりんすることで、得られる効果とは?」

投稿日:

アロマの香り漂うまごころより…

こんにちは^^
慢性疾患専門整体院まごころの渡邉哲です。

今週は暖かくて、いい天気が続いていますね^^
週末は、東京で経絡IBFセミナーを行ってきました。
東洋医学的な思考から、実際に現場で使えるように落としこんでお話させていただきました。

ではでは、
早速、木曜日の東洋医学メルマガ、よろしくお願い致します。

先週のメルマガは、こちら。
「患者さんの感情を把握すると、得する事。」
→http://ameblo.jp/pt-tekkun/entry-11777107829.html

東洋医学で考えられる、
身体の不調の要因について、書かせて頂いています。
まだの方は、どうぞご覧頂ければと思います^^
それでは今日は、
「踵をぐりんぐりんすることで、得られる効果とは?」
というテーマでお伝え致します。

 

踵を緩める事の効果。
以前にも一度、書かせていただいた内容ですが、
先週のセミナーで
「あれって、そーだったんですか!?」
と、意外にも好評だったので、もう一度お伝えさせていただきます。
治療のうまい人って、
踵をしっかり緩めたりしたりしていませんか?
踵を緩める??
んー、アバウトですね^^;

足関節の動きとしては、
「距骨下関節」でしょうか!

立位が安定しない方とか
歩行で考えると、立脚初期にヒールコンタクトできない方、
立脚中期で骨盤が外側に側方変位してしまう方、

など、そういう方に使えるテクニックですね。

踵をぐりんぐりんですが、
どんな動きか?というと、
距骨下関節を内外反方向に動かすということですね。
主には、外反方向ですね。

”踵骨を把持して、ぐりんぐりんです”

伝わるでしょうか??

実際に試してみてください。
セルフコンディショニングとしてできます。

やる前とやった後での立位、
足の接地の感覚の違いを感じてみてくださいね。
スマホで読んでる人は、スマホ片手にどーぞ。
足を組むようにして(外果を大腿遠位に乗せ)
上げた方の足と反対の手で、踵を把持します。
そして、団子をこねるように
距骨下関節を意識して、外反方向にぐりんぐりんです。
回数にすると、20回やってみましょう。

片方だけやってみてその後の、
足のつき具合の変化を感じてみてください^^
変化出ました^^??
出ますでしょ?
これは、筋骨格系や神経系でも考えられる話です。
単純に考えると、

後脛骨筋や下腿三頭筋、足底筋が弛緩した為、
足底からの感覚入力が良くなった。

という感じでしょうか。

それでも、もちろんokの解釈です。
ふーっ。。と、
ひとまず、ここまで読んだ頂いた、
先生はホント、頑張っていらっしゃると思います。

(ここまで、来たので他の方にはわからないかも知れませんが、
先生にはわかってほしいので、この先ももう少し、お付き合いください!)
と、今日は東洋医学のメルマガなので、

この現象の解釈を「経絡」というものでしてみます。

経絡の中の「腎経」というものにフォーカスして考えています。

メルマガの中では、何度か「経絡」や「五行論」については触れてきました。

簡単にいうと、
経絡というのは、東洋医学で身体を構成していると言われている
「気血水」の流れがあることです。

もちろん目に見える形としては、存在してませんよ。
あくまで概念的なところですので。
オープンマインドでおねがいしますね^^

そして、五行論(肝・心・脾・肺・腎)の中にも階層があって、

「腎」というものは、一番深いものを司っています。

身体の構造でいうと、骨、歯、脳、脊髄などに関係しています。

身体において、深いところですよね。

身体の深い部分(土台)が良くなる事で、その上の構造や機能は良くなりますよね。
そういった所に関係する、

経絡(腎経)が

足の裏から踵の内側~内果を通って、下肢の後面内側を通って、

大腿の中央から前面に出てきて、股関節の前を通って、

身体の前面に入って行きます。
腎経をよく見ると、内果と踵の間をぐるっとしてますし、

多くの不調を訴える人は、足関節外反の可動性って低いんですよね。

いろんな人の足部を見てみてください。
腎経(踵周辺、距骨下関節の動き)の流れを良くしてあげる事で、
もちろん筋骨格系的にも影響がありますけど、
それよりも深い部分(経絡)にまで、影響していると考えられます。
最近は、経絡の流れをしっかり意識する事で、さらに良い結果が出せる事が判明しました。
ぜひ、患者さんや利用者さんに試してみてください。

喜ばれると思いますよ^^
今日、お伝えした事は3つ。
「経絡というものの存在」

「腎というものは、身体にとって深いものである」

「踵を緩める事で、腎経の流れを良くする事ができる」→いろんな効果がでる。
です。

 

長々と失礼しました!
ブログには、腎経の図もアップしておきますね^^
→http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 

では、今日はこの辺で失礼致します。
最後までお読み頂きありがとうございました!!
また来週もどうぞよろしくお願い致します。
この話に関係なくとも、
取り上げてほしいテーマなどあれば教えて頂ければと思います^^
→https://ssl.form-mailer.jp/fms/180e0b57265187

こちらからお問い合わせ頂いた方には、
不定期で裏メルマガをお送り致します。
IRA研究会 東北支部長 認定アドバンスインストラクター

慢性疾患専門整体院 まごころ 渡邉 哲
さらに詳しく知りたい!!など、ご意見ご感想はこちらまで
magokoro3939@gmail.com

慢性疾患専門整体院 まごころ
ホームページ:http://magokoro3939.jimdo.com/

ブログ:http://ameblo.jp/pt-tekkun/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.