未分類

マルチ商法追放コラム 「PTOTがマルチ商法に騙されやすい理由」

更新日:

すばり、それは「収入の問題です!」

皆様もご存じの通り、我々リハビリ職者の給料は安い。。

何故安いかというと診療報酬が削られているからです。

一般企業と違いリハビリ職者の給料の財源は診療報酬だけです。

人件費というのは会社員一人が稼いだ金額の概ね30%。

診療報酬という枠の中で志度とをしていると給料は中々増えようがありません。

そこにマルチはつけ込んできます。

「リスク無く儲けられるよ。」

「毎月数万だけど確実な副収入が出来るよ。」

こういう誘い文句はリハビリ職者に取っては非常に魅力的な響きがあります。

実際に仲村会長も病院勤務時代に誘われて心が揺らいだそうです。(もちろん手は出していません)

しかし、実際はマルチに入り販売会員になれば自分自身も商品を使う事を強要されることがほとんどです。

つまり、少し稼いでもお金は全部出て行ってしまいます。

自分の下にマルチのネットを広げられない会員はお金が出て行くばかりで、逆に出費がかさみます。

そして、徐々に人間関係にも歪みが出て友人同僚との信頼関係もおかしくなってしまいます。

周りには「あいつと付き合うとマルチの話しばかり」と。

それでもあなたはマルチ商法(ネットワークビジネス)に手を出しますか?

[マルチ商法に手を出そうと思った時に思い出して下さい。]
●マルチ組織はいつか破綻します。
●営業経験のない人が簡単にモノを売れるわけがありません。
●誰かを誘ったときに、あなたが加害者になるかもしれません。
●マルチ商法で失敗して失うのは、「お金」と「人間関係」です。

警視庁HPマルチ商法相談窓口
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/anote/maruchi.htm

IRA研究会はリハビリ業界にマルチ商法(ネットワークビジネス)が広がることを絶対に許しません。

IRA研究会 本部会長 仲村ケイ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-未分類

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.