齋藤 信

「詐欺師」【PTOTの為のマネジメント】(119)

更新日:

(ブログで見る:http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11778468132.html

 

『おまえは詐欺師だ!』
あなたは、こんな言葉をいわれたことがありますか?

僕はあります。

 

みなさん、こんにちは。
マネジメント講師の齋藤でございます。

今日は少しインターバル。
僕が先日気付いたことをシェアしたいと思います。

 

実は先ほどの言葉……
かつて、2005年に電子出版した際、
先輩療法士達に言われた言葉です。
内容ではなく、使っている媒体がその人に合わなかっただけで、
僕の人格否定までしてきた人がいたんですね。
正直、僕はヘコみました。
なんで理解してもらえないのか……
やっぱり僕は落ちこぼれで、誰の役にも立たない、
どうしようもない人間なんじゃないか……

 

今になって、電子書籍は常識。

学生様などと言う言葉が出るように、
臨床実習指導の意味すらわからなくなった今、
僕の本が数多くの療法士さん達に響いているという事実。
9年の歳月を経て、
ようやく僕は僕に自信を持てるようになりましたが、
それでも心のどこかで、
『詐欺師』とまた言われることを恐れている自分に気付きました。
そう、僕は当時のしょうもない先輩の
言葉による呪縛から
全く解放されていなかったんです。
いえ、それより以前に、
僕は僕自身に自信を持てないという呪縛をかけていた。
そのことが最大の気付きでした。

 

このことに気付かせてくれたのは、
僕の講師仲間でもある、ヒロインプロデューサーひぐちまりさんの講義を受けてです。

 

インポスターシンドローム(詐欺師症候群)という言葉を知っていますか?
僕も初めて聞いたのですが、
1978年にジョージア大学で行なわれた調査によって名付けられたものだそうです。
簡単に言ってしまえば、
成功をおさめても自己評価が低く、その成功は自分の実力ではなく
運がもたらしたものではないか、と疑ってしまうこと……
とでも理解していただければOKです。
なんと、かのスタンフォード大学に合格した学生の70%が、
『自分が入学を認められたのは何かの間違いではないか』
と思っていたり、
1989年上映のバットマンのプロデューサー、マイケルEラスウン氏に至っては、
『今でも突然ガードマンがやってきて、何故ここにいるんだ?とつまみ出されるんじゃないか』
と恐れているそうです。

 

何もこれはそんなもの凄い成果を出した人だけのことではないんです。

僕たちのような普通の人だって、
同じ心理状態になっているんです。

 

僕たちは、少なくとも国家試験に受かるだけの知識を備え、
それを少なくとも1年は実践してきた経験だってあります。
あなたにとっては普通の事かもしれませんが、
これから国家試験を受ける学生さんにしてみれば、
僕たち有資格者は凄い人たちなんです。
改めて、あなたに質問です。
あなたは、あなた自身に、
『おまえは詐欺師だ!』
と言っていませんか?
自分自身で身動きできなくなるような呪縛を、
いまこそ解き放ってあげてください。
誰でもない、あなた自身の人生なんですから。

 

JIR協会マネジメント講師
どM貴公子(R)齋藤 信
追伸 1
自分の人生を生きることって、言ってみれば自分自身をデザインする事です。
自分の面倒を自分で看ないなら、一体誰が看てくれるんですか?

 

追伸 2
セルフマネジメントあらため、セルフデザイン講座として復活させてみようかな?
それともパーソナルブランディングの方がいいかな?

 

追伸 3
最近は、【学生様】なんですね。
臨床実習教育って、一体なんなんでしょう?
学校教員の皆さん、インポスターシンドロームに罹っちゃいませんか?
『作業療法学生の虎の巻』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HY3C8K6/

 

追伸 4
国家試験を明日に控えた受験生の皆さん。
今日までのあなた自身を信じて、明日は頑張ってみてくださいね。
もし、不安になったら、5分間ガムを噛んでみてください。
セロトニンが活性化して、平常心を取り戻せますよ。

セロトニン活性を精神科作業療法に取り入れる方法はコチラ
http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11290184400.html

 

追伸 5
公開質問は随時受け付けております。
Facebookページにコメントをしていただくか、
齋藤宛にメッセージをお願い致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-齋藤 信

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.