赤羽秀徳

『 怒鳴られて、自分の基軸を見失っていました!』No130

投稿日:

 

『 怒鳴られて、自分の基軸を見失っていました!』

From: 赤羽秀徳   ILPT主宰

★☆ 腰痛治療 × 温かな人間関係 ☆★
こんにちは。ILPT 主宰 赤羽秀徳です。
本日もお読みいただきありがとうございます。
お元気ですか?

今回は、私の体験から感じた
「物事の判断基準」について
お伝えさせていただきます!

その体験は、数年前、
東京の丸の内線という
地下鉄に乗っていていた時のことです。

電車が終点の池袋駅に到着し
私が電車から降りようとすると
1人の男性が熟睡されており、
降りる気配はまったくありませんでした。

私は、心の中で
「大丈夫かな?、
ここで降りなくてもいいのかな?」

「起こしてやらないと、
また、出発して反対方向に
行ったしまうな~~」

「まあ、起こさなくてもいいか…」

「不安」に思いつつ、
電車から降り歩き始めました。

心の中では、
その方のことが気になって、
ちらちらと振り返りながら
ちょっとゆっくり
歩き始めました。

すると、

1人の女性が、
その方の肩をたたき、
「終点ですよ」

と優しく声をかけ
その男性は、目を覚まし、
電車から降りていきました。

その時私は、
「安心感」を覚えました…。

あなたはいかがですか?

このようなことありませんか?

毎日の暮らしの中で、
何かをしようとして迷うこと。

そして、
やっぱりやっておけば良かったな!と
後から思うこと。

多かれ少なかれ
そのような経験があるかと思います。

その時の行動の選択により
喜んだり、心配になったり、
不安になったりと
様々な「感情」が沸いてくるかと思います。

***

実は私は、

過去のある出来事を体験する以前は、
今回のように電車の終点で
寝ている方を見かけたら、
あまり迷うことなく、
声をかけていました。

ところが、

ある出来事をきっかけに
ピタッとそれを止めて
しまいました。

その出来事とは、

新宿駅ホーム内の階段で、
「困っていそうだな~」と私が思った
二人の男性に声をかけたら

「いいからほっといてくれ~!!!」

とおもいっきり怒鳴られた、
というものです。
それ以来、電車の終点で
寝ている人を見かけても
声をかけるのを
やめてしまっていました。
つまり、

私は、声をかけたら、
「怒鳴られた」という
相手の反応を基準

それ以来、
「声をかけない」
という、自分の行動を
自分で選択していました。

その結果、

寝ている人に気づいても
起こさないという選択を
している自分の感情は
不安という「不快感情」
なっていました。

…。
これでは、
自分の基軸がなく、
「自分らしさ」を発揮できているとは
言い難いですね。

その他「相手の反応」を
判断基準にしている例を
自分の経験から振り返ってみると、

・自分が料理を作ったときの
相手の感想や反応。

・前を歩いている人が、ハンカチなどを
落とした時に拾ってあげたとき
相手の態度。

・車を運転していて
道を譲ったときの相手の反応
などがあげられます。

これらの場面では、
「相手の反応」ばかりに意識
行っており、

その時、
「自分がどう感じるか?」
ということを意識し忘れていますね。

やはりこれでは、
自分の基軸がなく、グラグラして
「自分らしさ」を発揮できているとは
言い難いですね。

決して、
相手の反応を無視する
ということではなく、
相手の反応もきちんと観察しつつ
そして、
相手に迷惑をかけない範囲で
その時、
「自分がどう感じるか」
忘れない様にすると、
不快な感情が心を占める
割合が減って、平穏に過ごせる
ようになるのではないかと
思っています。

***
今回は、
私の経験から、

普段の行動を
何を基準に選択していくことが
より効果的なのかということを
改めて振り返ってみました。

・相手の反応を基準にするか?

それとも、

・自分がどう感じるかを基準にするか?

そんな観点から
日常の行動の選択を振り返ってみると、
より、平穏に過ごせるヒントが
見えてくるかもしれません。
すべての人々のハッピーのために。

国際統合リハビリテーション協会
認定アドバンスインストラクター

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

追伸:

ILPT腰痛治療セミナーでは、

自分があまり好きでない人とと一緒に
仕事をする時のコツなどもお伝えしています。

腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善の大原則

詳細・受付は、こちらから→ http://akahalabo.com/seminar

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-赤羽秀徳
-, , , , , , , ,

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.