赤羽秀徳

第115回 『 なぜか涙がにじんだ!!“馬の調教師”の物語  』

更新日:

赤羽秀徳による記事がブログにアップされました:

http://akahalabo.com/archives/2380
From:ILPT 主宰 赤羽秀徳
本日もお読みいただきありがとうございます。

最近は、いろいろな書物や人に出逢い、
様々な感動がありますが、
その中の一つ、

“馬の調教師”の物語を

紹介したいと思います。

あなたは、

“馬の調教”

と聞いてどんなイメージを持ちますか?

…。

私は、
競馬ファンでもなく、
乗馬の経験もなく、そして、
実際に馬に触れたこともないので、
本当に想像になりますが、

馬の調教は、

・長時間かかりそう

・難しそう
・根気がいるのでは・・・

・厳しくしないといけないのかな?

などのイメージがあります。

実は、

「馬の調教」ことについて語るときには、
“モンティ・ロバーツ”という
有名な調教師の存在を抜きには語れないと
言われております。

彼は、馬を
【威嚇することなく】
痛めつけることもなく、
【あっという間】に、手なずける
と言われています。

そこには、
マジックでもなく、
トリックでもない、
馬との【対話】があったとされています。

では、
その“モンティ・ロバーツ”が、
どのようにして【馬と話す】ことが
できるようになったのか、

続きはこちらから >>>>
http://akahalabo.com/archives/2380

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-赤羽秀徳
-, , , , , , ,

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.