渡邉哲

日本最大の"癒しフェア"から学べたこと。

投稿日:

こんにちは!

IAIR東北代表の渡邉哲です。
コラムをお読み頂きありがとうございます。

 

先週末、
東京ビックサイトで開催された、
”癒しフェア”というものに、参加してきました。
(詳細→こちら
癒しフェア

日本最大の癒しイベントということで、
二日間で、約32,000人の人が来場されたとか!?
すごい盛り上がりを見せていました。

ファイル 2016-08-04 11 26 16

中には、
さまざまな出展ブースがありましたね。
占い全般(手相、過去世、オーラ、チャクラ、ヒーリング)
エネルギー系グッズ(パワーストーン、ネックレス、宝石)
健康食品(お水、サプリ、)
書籍、ペット関連などなど目白押しでした。

 

医療やリハビリ業界のイベント、
学会などとは、
まったく違った雰囲気満載です。

 

異常な盛り上がりを見せてました。笑。
結論からいうと、
癒しフェアという名目ですが、
僕は、全くもって癒やされませんでした笑。

 

二日目に、
IAIRから会長の森本、北陸代表の福田と僕の3人
(途中にILPT主宰の赤羽博士も登壇)で、
パフォーマンス?トークセッション?
をさせていただいたいのですが…、
まぁ、それは、まず置いておいて…。苦笑。

癒しフェア トーク

この癒しフェアで一番感じたこと。
個人的感想でぶっちゃけてしまうと、

それは、

みんな結局、

 

他力本願

 

ってこと。

 

さまざまな方々が来場されているので、
一概には言えないのですが、

 

さまざまなブースでの商品やメソッドに、
酔いしれている人がほとんどじゃないかな。

ある一つの健康法、
ある一つの流派、
ある一つの考え、テクニック。
何かを施して欲しい人と、
何かを施してあげたい人。
確かに、そのバランスは取れているかもしれませんが、

 

本当にそれでいいのかな?
自分の身体のこと、
預けすぎていやしませんか?

 

僕は、結局のところ、
それだけじゃ何も変わらないと思うんです。

こんな言葉、
聞いたことありませんか??

 

「自分の身体は自分が一番良く知っている。」

 

患者さんから、
この言葉を出されて、リハビリ拒否をよくされたことを、
思い出しますが(苦笑)
この言葉。
理にかなっていると思います。

確かに、あなたの身体、心の状態を知っているのは、
あなた自身であることは間違いないのですから。

 

もちろんこの言葉、
いろんな視点から解釈できますが、
現代の人は、情報が溢れすぎていて、
自分以外のモノや事に頼りすぎのような…。

 

自分自身の心や身体を見失っていませんか?

 

何事に置いても、
主体性ってのは大事です。
自分自身で気付き、考え方、思考をチェンジしていくってこと。

治療、リハビリにおいても。
患者さん、利用者さん自身の当事者意識ってのが、
現状の改善、向上への必須条件です。

 

主体性を引き出す為に、
その考え方や行動の選択の”補助”の為に、
僕らリハビリのセラピストがいるんだと思っています。

 

そのためには、
教科書だけの知識だけでは事足りません。

 

一歩踏み出して学ばないと。
でも、そんな幅広くてどこから学んだらいいの??

 

って、思うはず。
そんな時に、ぜひIAIRの学会にご来場ください。
IAIR第2回学術大会

必ず、なにか求めているものに、
気付き、行動していくきっかけが得られるはずです。

 

自分の身体、健康、メンタルの状況に、
自分自身でコントロールしていけることが、
必要なんじゃないかなと感じた2日間でございました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

IAIR 東北支部代表
認定アドバンスインストラクター 理学療法士 渡邉 哲

追伸:10月のIAIR学会では、
さらにもうちょい突っ込んだ話なんかも聞けるかも!?
リハビリテーションの可能性を感じる事が出来ることを、
期待しています!みなさん、一緒に参加しましょう^^
多くのみなさんの参加をお待ちしております。
シンポジウム組み合わせ決定しました!!
https://youtu.be/38OdBjiev_U
(動画で見れます!)

 

第2回IAIR学術大会2016in浅草
http://iairjapan.jp/congress2016/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-渡邉哲
-, , , ,

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.