福田陽介

「初回カンファレンスで押さえておきたいポイント」

投稿日:

 

 

2016年の診療報酬改定で、「退院支援」に向けた取り組みが評価されることになりました。

退院支援って何?

と思う人もいるかもしれません。

 

 

 

患者さんの主訴の解決のため、

バイオメカニズムを学んだり、
各種手技を学んだり、
心理学を学んだり、
様々な学習を一生懸命に行ってきた人ほど、
「???」となるのではないでしょうか。

 

 

退院支援というのは、文字通り「退院を支援する」取り組みです。

PT,OT,STのみで行うものではありません。

 

医師、
看護師、
栄養士、
ケアマネージャー、
などが一緒に考え、話し合い、患者さんの生活のために行動することです。

 

というふうに、言葉で表現してしまうと、なんともわかったようなわからないような、当たり前のような。 だからこそ、浸透しないのですよね「退院支援」。

 

 

でも、この退院支援というのは、取り組んでいる人達に言わせると、ごく当たり前な活動なのだと思います。

 

 

病院勤務時代に「退院支援」を熱心に取り組んでいましたからよくわかります。

 

 

そんな退院支援の第一歩は、「カンファレンス」だと思います。

 

 

皆さんは「カンファレンス」にどんな印象を持っていますか?

 

ボクが参加したことがある「最悪のカンファレンス」は、それぞれの職種が、それぞれの専門性に則った評価結果「だけ」を話しておしまい、というものでした。

 

 

医師は検査結果と一般的な診療ガイドラインを話し
看護師は食事摂取量と排便回数を話し
理学療法士は筋緊張やら姿勢の解説を行い
作業療法士は認知機能のスコアを伝える
栄養士は身長と体重から見たカロリーの事を伝えて
ケアマネはまだ情報なし(必要に応じて情報収集します的な

 

 

このカンファレンスによって、医療チームにどんな行動目標が生まれるのでしょう?

 

 

カンファレンスの「目的」がないから、話すことがないんですよね。

 

カンファレンスの目的は開催のタイミング次第で微妙に変わります。

 

 

 

入院間もない時のカンファレンスの目的は 「方針の策定、大まかな退院先のイメージ」

退院間近のカンファレンスの目的は 「活用する社会資源の決定、後方支援施設と依頼することの決定」

という感じですよね。

 

 

初回のカンファレンスの時点で
・家屋環境
・家族構成
・本人と家族の社会的役割
・入院前の身体的精神的状況

は最低限知っておきたい情報です。

 

 

初回カンファレンスでその情報を共有して、その上で各専門職の目から見た「自宅で生活するためにクリアしないといけない課題」を挙げます。

 

 

この時点で、患者さんに関わるスタッフが最終到達するイメージを共有できていないと話にならないんです。

 

 

例えば、入院前の寝具が「布団をしいて寝起き」という状況であれば、理学療法士は

・床からの立ち上がりという運動ができるかどうか

という課題をクリアすべく評価とプログラムを実行して報告しないといけません。

 

 

チームのメンバーが聞きたいのは、

筋緊張がどうたらとか、
骨盤の傾斜がなんたらとか、
重心位置がどうのこうの

という話ではないわけです。

 

 

評価結果次第では

・できなかったとしたらベッドを入れるスペースがあるだろうか
・ベッドはレンタルするか購入するか

という次の課題が見えてくるわけですね。

 

 

カンファレンスではしかるべき情報をもとに大きな方針を決めます。

 

 

重要なのはそのあとで、細かい軌道修正に必要な現状報告を、「カンファレンス」をではなく、病棟でとか、電話でとか、院内メールで、みたいに各メンバーと逐一話し合っていることが大切です。

 

 

なんのためにカンファレンスをするのか

なんのために情報を集めるのか

なんのためにリハビリ技術があるのか

そこがわからないと、

「空気が読めない社会人」 という烙印が押されます。

 

 

情報を提供している人には、情報が集まってきます。

そんなとっても不思議な経験を僕はしました。

 

 

情報が集まってくるということは、自分の作成したリハビリプログラムの細かい修正につながるので大変喜ばしいことです。

 

 

 

カンファレンスでは、メンバーが求めている情報を、専門職目線で、相手に伝わるように話すといいですよ。

 

 

徒手による手技であったり 多くの研究結果を知っていることは ただそれだけでは、なんの役にも立ちません。 自己満足でしかないのです。

 

 

患者さんが
ご家族が
患者さんを取り巻くチームのメンバーが
喜ぶように使えてこそ手技や知識は意味のあるものになります。

 

 

 

IAIRのテクニックもそういう風に使ってもらえることを願っています。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-福田陽介

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.