吉田ひとみ

相手を感動させる、シンプルな癒し言葉を作るには?

投稿日:

 

相手を感動させる、シンプルな癒し言葉を作るには?

こんにちは、吉田ひとみです。

今日は、女性にも男性にも使えるこんなテーマを話題にしてみます。

 

【言葉一つで、人を癒すことができる】

 

そんなことあるかいな?!と思いますか?

 

あるんです。

 

なぜなら、先日、わたしが癒されたからです。

 

どんなエピソードだったか、まずご紹介しますね。

 

実は、わたしは先月、受診したり入院したりと

珍しく、そして久しぶりに病院のお世話になっていました。

 

先日、すべての受診が無事に終わり

 

身体のほうは全く問題なし。

でも結局、原因はわからないままだったんです。

 

その結果を、出張に出ている主人にLINEで伝えました。

 

「とりあえず、身体のほうは問題なしだったよ。

でも、なにが原因で今回のことが起こったのかは

検査費用もかかることだし調べてないんだって」

 

とまあそんなニュアンスで伝えたんです。(詳細を書いてなくてごめんなさいね)

 

そしたら主人の返事は、何だったと思いますか?

A「え、結局調べてないんや。今からでも調べられたりするんかな?」

 

B「とにかく身体が問題なくてよかった!」

どちらでしょう。

 

…もうお答えはわかると思いますが、Bです。

 

わたしは、この言葉だけですっごく癒されたんです。

なぜなんでしょうか。

 

このBの台詞に「原因が分からなかったのは残念だけど」という枕詞があったら

 

もはや癒しは特に感じなかったでしょう。

 

シンプルなこの言葉だったから良かったのです。

 

私は考えました。

何で、彼はこんなに人を感動させる言葉を放てるのだろうか。(妻バカですね)

 

まず大前提として、小手先のテクニックだけではダメということは念頭においてくださいね。

相手の身になってみることは大事です。

 

このエピソードの中の情報は

 

「解決しなかったこと=原因」

「解決したこと=身体」

 

「他のこと=原因」

「当事者自身のこと=わたしの身体」

 

「過去のこと・変えられないこと=原因不明」

「今のこと、今後も重要なこと=身体」

 

というふうに分けられます。

 

人間は、「不完全なもの・未完成のもの・欠けているもの」にフォーカスする特徴があります。

 

つまり、この場合「未解決のもの」にフォーカスする傾向があるんです。

そして、結果があったら原因を知りたいという心理もあります。

(リハビリでもちょっと共通していませんか?)

だから、無意識に返答すると、「不完全で欠けているもの」=「原因が分からなかったこと」

 

に、引っ張られるはずなんです。

 

そこで、あえて「完全性=身体に問題がなかったこと」にフォーカスして彼は返答したんです。

 

簡単にまとめますと

 

人が癒される時というのは

 

・自分のことを見てくれていると感じるとき(主役)

・完全性(つまり問題がない部分)にフォーカスしてくれたとき

かつ

・変えられない過去には言及しないでいてくれたとき

 

だということです。

 

加えて

「他のことはどうでもいい、何より◯◯で良かった」というニュアンス

 

がいいですね。

 

具体的に言いますと、

「遅くなってごめん」→ ×「何でもっと早くできないの」

            ◯「仕事頑張って来たんだね、お疲れさま」変えられない過去に言及しない

 

「こちらの手が使えなくなってしまった」→ ×「また動かせるように頑張ろう」

                     ◯「命があるだけで良かった」完全性にフォーカス

 

赤ちゃんが生まれた →  ×親戚で赤ちゃんばかり抱っこし回す

             ◯「無事に生んでくれてありがとう」主役はママに!

 

どうでしょう?

言葉1つであなたも人を癒せそうですか?

 

挙げた例は、あくまで事象が起きた直後にしか使えないものかもしれませんが

直後だからこそ、良くも悪くも相手の心に響きます。

 

リハビリの現場では、セラピスト本人が使うのも良いかもしれませんが、

家族さんにお伝えしてあげるのがいいかもしれませんね^^

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

 

実例や共感、意見、感想はこちら

yoshida_hitomi@iairjapan.jp

 

国際統合リハビリテーション協会 関西支部長

IAIR認定アドバンスインストラクター

PMSコンディショニング講師

作業療法士 吉田ひとみ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-吉田ひとみ

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.