赤羽秀徳

第71回 『 【非難】より【理解】でストレス軽減! 』 

投稿日:

第71回 『 【非難】より【理解】でストレス軽減! 』

—腰痛治療のスペシャリストを育成するコラム—

 

  腰痛治療の権威 赤羽博士プレゼンツ

 

☆☆腰痛治療 × 温かな人間関係の築き方を学ぶ☆☆

こんにちは!

複合的腰痛アプローチ法

IAIR Lumbar Pain Technique(ILPT)で、

講師をしております赤羽博士、通称「赤ちゃん」です。

本日も、お読みいただきありがとうございます。

いかがお過ごしですか?

実は、私、大変危険な経験をしました!

先日、2月5日(木)、東京では、

雪が降ったあと雨となり、

翌日には冷え込み

路面が凍結していた地域もありました。

6日の朝、車で訪問施術にでかける途中、

T字路の交差点で一時停止しようとしたところ、

交差点の手前が、日陰で凍結しており、

スルスルーっと、

ブレーキが全くきかず

交差点に、突入してしまいました。

今年初めての、運転中のヒヤリハットでした。

幸い、交通量が少なかったので、

事なきを得ましたが、

大変恐ろしい経験をしました。

スタットレスタイヤを

過信してはいけませんね。反省です。

皆さんも、お気を付けください。

さて、前回は、

 『 2年間毎週ペインクリニックに通った患者さん 』

というテーマで、二つの内容について考えてみました。

一つは、

「その薬では、効果のない

痛みなんだな」と考えると、

別の「選択肢」を考えられるということ。

二つ目は、

寝る直前の「冷たい ○○レモン」を

飲む習慣を、

患者さん自身が、「やめる選択」をし、

朝の体幹の可動性が、

随分改善してきたこと、

をお伝えしました。

前回の内容をご覧に

なっていない方は、

こちらから>>>http://www.iairjapan.com/archives/1040

さて、今回は、

その「冷たい ○○レモン」の話しに

続きがありますので、紹介したいと思います。

実は、その患者さんには、

ひと月に一度の頻度で

お会いしておりますが、

丁度、前回のメルマガ配信後に

お会いしましたので、

「○○レモン」は、

どのようになっているか

再度確認してみました。

すると!!

患者さんより

「本当は、やめた方が調子が

いいのも、わかっているけど、

どうしても、3日に一度は、

欲しくなるんですよね」

との発言がありました。

で、ここで、一緒に考えましょう!

このような発言があった場合、

あなたならどんな言葉を

発しますか?

次の中からお選び下さい。

1.どうしてやめられないんですか?

2.何が、障害となっているんですか?

3.なるほど、どうしても、飲みたくなるんですね

いかがでしょうか?

他にも、いくつかあるとは、思いますが…。

ここで、一緒に考えていきたいのは、

前回の最後に書きましたが、

「すべての行動には、必ず目的がある」

そして、

「すべての行動は、選択した時点で最善の選択である」

と言われている、ことについてです。

(引用:グラッサー博士の選択理論;訳 柿谷正樹)

このように考えると、

「○○レモン」を

飲むのも、

患者さんにとって、その時は、

最善の選択をしているのです。

あとから、後悔はするかも

しれませんが、その時は、

「最善」の行動となります。

そのように、ひとの行動を

理解していると

その話を聞いたときに、

「避難」の発言や、態度ではなく

相手を「理解」しようとする

発言や態度に変わっていくでしょう。

さらに、いいことに

「非難」せず、「理解」に務めると

こちらのストレスが

大分少なくなります。

夫婦関係、親子関係、職場の人間関係

が、温かくなるでしょう。

最後に、

 

デール・カーネギーの言葉を

紹介しておきます。

 『 相手を【非難】しても始まらない。

 【非難】はどんな馬鹿者でもできる。

 【理解】することに努めねばならない。

  賢明な人間は、相手を【理解】しようと努める 』

さて、あなたは、

最近の24時間で、

相手(患者さん、配偶者、子供、親など)を

【非難】する発言

【理解】する発言

のどちらが多かったでしょうか?

もし、わからない方は、

まず、これから24時間、

意識してみてはいかがでしょうか?

自分の発言を改めて確認すると

ご自身のストレスの軽減につながるとともに、

患者さんの症状改善のヒントも

得られやすくなるでしょう。

患者さんの素敵な笑顔のために!

国際統合リハビリテーション協会

認定アドバンスインストラクター

 

複合的腰痛アプローチ法

IAIR Lumber Pain Technique(ILPT)講師 赤羽秀徳

追伸1

 腰痛患者さんの発言を聞いていると、

 

 今出来ていること、今動けていることを、

 「理解」しようとする発言と

 

 動けているけど、痛みがあるからと

 必要以上に自分の体を「避難」して

 いることがあります。

追伸2

 言葉の使い方も、一緒に学んで行きましょう。

 ご自身のストレス軽減のためにも。

【ILPTからのお知らせです。】

★腰痛治療セミナー

 

 ☆沖縄 2015年2月22日(日)

   詳細・受付は、こちらから→ http://irajapan.jp/backpain/

 今後の予定:

 ☆金沢 2015年6月21日(日)

 ☆東京 2015年7月5日(日)

 ☆仙台 2015年9月27日(日)

 ☆名古屋 2015年10月4日(日)

 ☆大阪 2015年9月6日(日)

腰痛治療セミナー終了後、さらに学びを深めたい方は、

 

下記のILPTプラクティショナ—資格取得コースに参加することが出来ます。

 

先行予約していただくと、割引となるとともに、優先的にコースに参加できます。

★(社)IAIR認定ILPTプラクティショナ—資格取得コース

              (メインコース�、�、�)

 ☆名古屋

  メインコース3  2015年1月31日(土)

 

  メインコース1  2015年11月21日(土)

  メインコース2  2015年11月22日(日)

  メインコース3  2016年1月30日(土)

 

 ☆仙台

   メインコース3  2015年4月4日(土)

 

  メインコース1  2015年11月28日(土)

  メインコース2  2015年11月29日(日)

  メインコース3  2016年4月2日(土)

 

 ☆金沢

  メインコース1  2015年8月22日(土)

  メインコース2  2015年8月23日(日)

  メインコース3  2015年10月17日(土)

 

 ☆大阪

  メインコース3  2015年4月18日(土)

 

  メインコース1  2015年10月11日(土)

  メインコース2  2015年10月12日(日)

  メインコース3  2015年12月19日(土)

 ☆東京

  メインコース1  2015年3月21日(土)

  メインコース2  2015年3月22日(日)

  メインコース3  2015年6月27日(土)

 

  メインコース1  2015年10月24日(土)

  メインコース2  2015年10月25日(日)

  メインコース3  2015年1月16日(土) 予定

メインコースの詳細は、こちらからです。↓

 

http://irajapan.jp/backpain-main/

★ ILPTブラッシュアップセミナー

   (受講対象:資格取得コース終了者)

 ☆沖縄  2015年2月21日(土) 14:00〜

 

 ☆福井  2015年6月20日(土) 14:00〜

 

 ☆東京  2015年7月20日(月・祝)

 

 ☆仙台  2015年9月26日(土)

 

 ☆名古屋  2015年10月3日(土)

 

 ☆大阪   2015年9月5日(土)

 

 

 *参加希望者は、赤羽までご連絡ください!

 

 

 

今回も 最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-赤羽秀徳

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.