赤羽秀徳

第70回 『 2年間毎週ペインクリニックに通った患者さん 』 

更新日:

第70回 『 2年間毎週ペインクリニックに通った患者さん 』

—腰痛治療のスペシャリストを育成するコラム—

 

  腰痛治療の権威 赤羽博士プレゼンツ

 

☆☆腰痛治療 × 温かな人間関係の築き方を学ぶ☆☆

こんにちは!

複合的腰痛アプローチ法

IAIR Lumbar Pain Technique(ILPT)で、

講師をしております赤羽博士、通称「赤ちゃん」です。

本日も、お読みいただきありがとうございます。

いかがお過ごしですか?

今年が始まり、25日経ちました。

振り返ってみていかがですか?

早く感じますか?

遅く感じますか?

それぞれの感じ方があると思いますが、

目標に向かって、日々振り返り、

行動していきましょう!

さて、前回は、

『 突然の変化!が現れる脊柱の部位 その2 』

というテーマで、

胸腰移行部は、

胸椎と腰椎の解剖学特性が

【突然変化】する部位で

外傷も起こりやすい

ということをお伝えしました。

もし、まだ、骨模型で、

胸腰部の移行椎をご確認されてない方は、

是非この機会に、ご確認されてみては

いかがですか?

解剖学的特性を考慮することで、

より安全な、評価、治療ができますので…。

前回の内容をご覧に

なっていない方は、

こちらから>>>http://www.iairjapan.com/archives/1015

 

では、今回からは、話題を変えて行きます。

今回のテーマは、

『 2年間毎週ペインクリニックに通った患者さん 』

    です。

あなたは、いかがですか?

現在、あるいは、過去に、長年ペインクリニックに

通院し続けた患者さんを担当したことは

ありますか?

私は、印象的な患者さんが2名おります。

今回は、その1名の患者さんについて

ご紹介したいと思います。

実は、この患者さんについていろいろ

ご紹介したいことがありますが、

今回は、2つ。

まず、一つ目。

「2年間毎週、ペインクリニックに

通い続けたけど効果を感じなかった」

ということを、どのように捉えるかの

一例を紹介します。

あなただったら

この情報を聞いたときに、

どのように考えますか?

いろいろな捉え方ができると

思いますが…。

例えば

 ・

 ・・

 ・・・

 以前の私は、

 ・随分症状が悪いのかな?

というのが、代表的な捉え方でした。

しかし、

今では、

・ペインクリニックの治療では、

 改善しないタイプの痛みであることが

 わかった

と、

 

その情報から考えるのが、

いいのではないかと

思っております。

これは、

鎮痛薬も同じように考えられると

思います。

「そうか!

 

 その薬では、効果のない

 

 痛みなんだな!!」と。

そう考えると、

「別の治療の選択肢を

考えよう!」

と、患者さんの「意識」が

変わりやすいと思います。

効果がない薬を

体に入れ続けることは、

当然、好ましいくとでは

ないですよね。

「選択肢」があると、

気持ちも楽になるでしょう。

では、

もう一つご紹介したいことはが、

あります。

この患者さんは、

朝の、体幹の伸展可動性が

かなり制限されておりました。

正直に言いますと、

これから、

お伝えすることに

気がついたのは、

3回目の外来でした。

この患者さんは、

寝る前に、長年続けて

いる習慣がありました。

何がを飲む習慣です。

白湯のむ

であれば、私も笑顔になりますが、

その習慣を伺った時には、

私は、固まりました。

その習慣とは、

「冷たい ○○レモンを飲む」

というものでした。

なるほどと思いました。

朝の体幹の可動性の悪さは、

きっとこの習慣 も

影響している

と思いました。

特に、体幹の伸展の可動性が

悪かったのですが、

体幹が伸展するためには、

前回お話した

脊柱の伸展可動性も

必要になりますが、

体幹、前面が伸張しないと

体幹の伸展は制限されてしまいますね。

寝る前に、冷たい 砂糖 を体内に

入れることは、

内臓のみならず、

他の部位にも「冷え」をもたらすでしょう。

で、その患者さんに

○○レモンを飲むことによる

影響をお伝えし

患者さんに、今後どうするか

決めていただきました。

「やめる選択」を患者さんがしました。

その結果、

朝の、体幹の可動性は、随分

改善されてきました。

問診で

生活習慣を確認することは、

必要ですね!!

患者さんによっては、

腰痛改善のための

姿勢や運動よりも

大切な確認事項になるでしょう。

人は、何か目的があって

悪い生活習慣をしてしまうのでしょう。

すべての行動には、必ず目的がありますね。

そのことについては、また次回

一緒に考えていきましょう。

患者さんの素敵な笑顔のために!

国際統合リハビリテーション協会

認定アドバンスインストラクター

 

複合的腰痛アプローチ法

IAIR Lumber Pain Technique(ILPT)講師 赤羽秀徳

【ILPTからのお知らせです。】

★腰痛治療セミナー

 

 ☆沖縄 2015年2月22日(日)

   詳細・受付は、こちらから→ http://irajapan.jp/backpain/

 今後の予定:

 ☆金沢 2015年6月21日(日)

 ☆東京 2015年7月5日(日)

 ☆仙台 2015年9月27日(日)

 ☆名古屋 2015年10月4日(日)

 ☆大阪 2015年9月6日(日)

腰痛治療セミナー終了後、さらに学びを深めたい方は、

 

下記のILPTプラクティショナ—資格取得コースに参加することが出来ます。

 

先行予約していただくと、割引となるとともに、優先的にコースに参加できます。

★(社)IAIR認定ILPTプラクティショナ—資格取得コース

              (メインコース�、�、�)

 ☆名古屋

  メインコース3  2015年1月31日(土)

 

  メインコース1  2015年11月21日(土)

  メインコース2  2015年11月22日(日)

  メインコース3  2016年1月30日(土)

 

 ☆仙台

   メインコース3  2015年4月4日(土)

 

  メインコース1  2015年11月28日(土)

  メインコース2  2015年11月29日(日)

  メインコース3  2016年4月2日(土)

 

 ☆金沢

  メインコース1  2015年8月22日(土)

  メインコース2  2015年8月23日(日)

  メインコース3  2015年10月17日(土)

 

 ☆大阪

  メインコース1  2015年1月17日(土)

  メインコース2  2015年1月18日(日)

  メインコース3  2015年4月18日(土)

 

  メインコース1  2015年10月11日(土)

  メインコース2  2015年10月12日(日)

  メインコース3  2015年12月19日(土)

 ☆東京

  メインコース1  2015年3月21日(土)

  メインコース2  2015年3月22日(日)

  メインコース3  2015年6月27日(土)

 

  メインコース1  2015年10月24日(土)

  メインコース2  2015年10月25日(日)

  メインコース3  2015年1月16日(土) 予定

メインコースの詳細は、こちらからです。↓

 

http://irajapan.jp/backpain-main/

★ ILPTブラッシュアップセミナー

   (受講対象:資格取得コース終了者)

 ☆沖縄  2015年2月21日(土) 14:00〜

 

 ☆福井  2015年6月20日(土) 14:00〜

 

 ☆東京  2015年7月20日(月・祝)

 

 ☆仙台  2015年9月26日(土)

 

 ☆名古屋  2015年10月3日(土)

 

 ☆大阪   2015年9月5日(土)

 

 

 *参加希望者は、赤羽までご連絡ください!

 

 

 

今回も 最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiairjapanをフォローしよう!

-赤羽秀徳

Copyright© 国際統合リハビリテーション協会 コラムサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.